やくざ映画が大好きなアメリカ人の就職先

日本のソフトを世界に紹介する会社の秘密

やくざ映画好きが高じて日本にやってきたジェイムズさん

みなさんは、関西を舞台にしたハリウッド映画「ブラック・レイン」を覚えておられるでしょうか。

「ブラック・レイン」に登場するやくざは、確かにカッコイイ(写真はDVDのジャケットより)

故・松田優作の遺作で、米国側からはマイケル・ダグラス、日本側からは高倉健、といった大物俳優が出演して話題になりました。

阪急梅田駅のコンコースやあべの筋のおでん屋台がロケ現場でした。僕も見慣れた場所が出てくるので、けっこう面白く見たことを覚えています。

やくざ映画好きのアメリカ人が働く会社

上のバナーをクリックすると「日本一明るい経済新聞」のサイトにジャンプします

この映画を本国で見て日本のやくざに憧れ、ついに来日した米国人がいます。今回取り上げる会社は、そのヘンな米国人が働いている会社です。

社名をアクティブゲーミングメディア(AGM)と言い、日本のゲーム、アニメ、マンガを翻訳して海外へ販売することを主な仕事にしています。社員の7割は外国人で、約400社2000本以上のソフトを扱い、この7年間、右肩上がりで売り上げを伸ばしています。

やくざに憧れた米国人は、ジェイムズさんです。関西の漫才も好きで、それで日本語を勉強したので、「話し方も関西弁になってもうた」と言います。でもアニメを翻訳する時は、その関西弁が役立つのです。「まいど」はそのままだと「Every Time」ですが、最もその意味に近い英語は「What’s Up ! 」だそうです。「最近、どう」の意味です。

ジェイムズさんは、赤いシャツに黒いジャケットを羽織り、すっかり松田優作気分で今日も日本のアニメを英語に翻訳しています。

次ページ東京から大阪へ本社を移転
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。