「パンツ界のエルメス」は日本で生まれるか?

東大→マッキンゼー出身社長が抱く壮大な夢

2015年4月に「TOOT」の新社長に就任した枡野恵也さん

「TOOT」は、知る人ぞ知る日本のメンズアンダーウェアブランド。カラー、デザインバリュエーションが豊富でファッション性が高いうえに、独自のフロント部分の立体裁断により、「誰がはいてもベスポジになる」と評判だ。今までは、都心の一部百貨店での販売を除きほとんど広報PRを行っていなかったため、ネット通販を中心に口コミでファンを獲得してきた。

そんなTOOTに今年4月、新社長が就任。一気に国内における知名度向上、および本格的な海外展開に乗り出している。

新社長は、東大からマッキンゼーを経て、レアジョブ、ライフネット生命の立ち上げ期を経験した枡野恵也さん。輝かしい経歴を誇る彼はなぜ、一般的にはまだ無名と言えるパンツメーカーの社長というキャリアを選んだのか。そして、今後のTOOTの勝算は――?

国内外でのポテンシャルの高さを実感

本記事はリクナビNEXTジャーナル(運営:リクルートキャリア)の提供記事です

TOOTは2000年に創業。創業者は油絵画家だった。「日本にはおしゃれで機能的な男性向けのアンダーウェアがない!」と自らデザインし、国内の提携工場による少量生産からスタート。ネットで販売開始したところ、口コミで徐々に広がった。

このたび創業社長が、「そろそろ本職の油絵に本腰を入れたい」とファンドへの企業譲渡を決意。そのファンドから、マッキンゼー時代の同期経由で枡野さんに「新社長」の声が掛かったという。

「新社長の条件は、爆発力があって面白い発想ができる人。でも事業のことも十分に理解している。そして手掛ける商材はパンツ。……ファンドの担当者からこの条件を聞いた同期の頭には、すぐに僕の顔が浮かんだそうです(笑)」

ご覧のように、枡野さんはアシンメトリーな髪形にサルバドール・ダリのようなヒゲ、そして原色や柄オン柄、ユニセックスものも着こなす個性派(この日の服装は「パンツの色味を引き立たせるため」かなり地味め)だが、東大からマッキンゼーに進み、4年間経営コンサルタントとして活躍した後、オンライン英会話を手掛ける創業間もないレアジョブで法人向け事業の立ち上げを担い、その後ライフネット生命に転じて海外事業展開をけん引してきた人物。

次ページなぜ下着?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT