やくざ映画が大好きなアメリカ人の就職先

日本のソフトを世界に紹介する会社の秘密

この会社、創業当初は東京に本社を置きましたが、その後、関西に拠点を移しました。大阪市西区の高層ビルに事務所を構えています。

スペイン人のイバイ・アスメトイ社長は、流暢な日本語でその移転の理由を語ってくれました。

「日本に行ってみたいという外国人は、まず東京に行きます。それに対し、大阪、京都に行きたいという外国人は、それだけ深い理由があるのです。大阪の食文化を学びたい、京都の伝統を学びたいと思っています。だから関西には優秀な外国人が多いのです。しかも家賃が東京より安いので、長く住む傾向にあります。安定したよい人材を確保するのに最適なのです」

日本のソフトを自国の言葉に翻訳

オフィスの様子

パソコンがひしめく事務所では、30人の外国人が、日本のソフトを自国の言葉に翻訳しています。皆さん、明るく陽気で笑い声が絶えません。

国籍は欧米を初め、アジア、中東など12カ国に及びます。国の数が多いのは、その国情によって微妙に顧客のニーズが異なるからです。ドラえもんが人気の国もあれば、受け入れられない国もあります。

スーパーマリオを楽しくゲームする子どももいれば、競争はいけない、と教えられている子どももいるかもしれません。そうした国々による違いを、その国出身の社員が市場調査をし、売れるかどうかを見極めたうえで販売しています。それで、世界中の大勢のファンを獲得しています。究極の「グローカリゼーション(地域の風習・文化に応じた商品提供)」です。

イバイ社長が来日したのは15年前。ゲーム、アニメ、マンガといった日本のサブカルチャーのポテンシャルを、身を持って実感したと言います。

次ページスペイン人社長が大切にするものとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT