ANA、世界初のB787営業フライトが無事完了

航空券のオークション最高落札額は262万円


 787を使った定期便では、11月1日に羽田と岡山、広島間を結ぶ国内線が、12月21日からは成田−フランクフルト便の就航が決まっている。今2012年3月期中に9機、来13年3月期に11機で合計20機が導入される計画で、海外長距離線を中心に今後、新規路線が次々と具体化していく見通しだ。

実際に搭乗してみると、最新の電子カーテンなどの機内のアメニティ、虹色にライトアップする楽しさだけでなく、客室内の気圧が下がりすぎないために肌のむくみがないといった点での快適さは実感できた。

日本製の炭素繊維コンポジットを活用したり、最新エンジンを搭載したことで、787の燃費は在来機比20%改善しており、従来は大型機でないと無理だった長距離路線が中型機でも就航できるなど、柔軟な運航ネットワーク作りに貢献できるとANAは期待している。

 


■虹色のライトアップ

 

◆全日空の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

 

(野村 明弘 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT