微妙!都会人の鉄道旅行はここがおかしい

旅情を感じたい人が訪れるべき場所とは

また、鉄道旅行の醍醐味の一つに駅弁を挙げる人も多いだろう。土地の名物が彩りよく並べられた駅弁は、目と舌で味わうことができる。しかし、ここであえてお勧めしたいのは、郊外のショッピングセンターとまではいかなくとも、スーパーで食事を調達することである。ショッピングセンターにしても、スーパーにしても、広大な駐車場があり、確かに見てくれはどこでも同じかもしれない。しかしそれは外観の問題である。店内に並べられている商品、特にお総菜などは地域の特色が出ていることが多い。かつて四国一帯で展開するスーパー「マルナカ」に行ったとき、かつおのたたきが、ただの「お総菜」として売られているのをみたことがある。駅弁が「その土地でしか食べられないもの」だとするならば、スーパーのお総菜は「その土地の人が(日常的に)食べているもの」という位置づけになるのではないだろうか。

スーパーで売っている牛乳にも旅情はある

画像を拡大
北海道の牛乳。容器やデザインにもそれぞれ特徴がある

ごくごく個人的な話をすると、私はアルコールを体が受け付けない。つまり鉄道旅行の楽しみに、「車窓を眺めながらの酒盛り」を加えることができないのである。しかし私には、各地のスーパーで「ご当地の牛乳を入手する」という楽しみがある。最近は地ビールが有名だが、牛乳の商品数はそれよりもはるかに多い。スーパーに足を運んだ数だけ新しい牛乳との出会いがある。こうして列車内では酒盛りならぬ牛乳盛りを堪能し続けている。余談であるが、東日本では岩手の「くずまき高原牛乳」が、西日本では島根の「木次牛乳」が、今のところ私のなかでの牛乳横綱である。

旅に出かけても、地元の人と同じ列車に乗り合わせても、その土地の生活を知ることは難しい。見た目がかわいかろうと、素朴だろうと、どこでも同じだろうと、そこに住む以外に生活を知るすべはないのではとすら思っている。あくまで旅行者という立場でしかない。都会の視点と願望で旅先の土地の見てくれを評価するよりも、郷に入ったら「郷に楽しめ」の精神でいたほうが発見は多いし、何より自分だけの旅情に出会える。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「通いやすい」は「住みやすい」  <br>最強の通勤電車

鉄道各社のサービス改善競争は激化、路線間の格差が広がっている。利用客争奪戦で勝ち残る路線はどこか。混雑改善度ほか全7指標で東京圏32路線を格付け、新線・延伸計画の進度など、次の住まい選びを見据えて首都圏・関西路線を総点検した。