微妙!都会人の鉄道旅行はここがおかしい

旅情を感じたい人が訪れるべき場所とは

また、鉄道旅行の醍醐味の一つに駅弁を挙げる人も多いだろう。土地の名物が彩りよく並べられた駅弁は、目と舌で味わうことができる。しかし、ここであえてお勧めしたいのは、郊外のショッピングセンターとまではいかなくとも、スーパーで食事を調達することである。ショッピングセンターにしても、スーパーにしても、広大な駐車場があり、確かに見てくれはどこでも同じかもしれない。しかしそれは外観の問題である。店内に並べられている商品、特にお総菜などは地域の特色が出ていることが多い。かつて四国一帯で展開するスーパー「マルナカ」に行ったとき、かつおのたたきが、ただの「お総菜」として売られているのをみたことがある。駅弁が「その土地でしか食べられないもの」だとするならば、スーパーのお総菜は「その土地の人が(日常的に)食べているもの」という位置づけになるのではないだろうか。

スーパーで売っている牛乳にも旅情はある

画像を拡大
北海道の牛乳。容器やデザインにもそれぞれ特徴がある

ごくごく個人的な話をすると、私はアルコールを体が受け付けない。つまり鉄道旅行の楽しみに、「車窓を眺めながらの酒盛り」を加えることができないのである。しかし私には、各地のスーパーで「ご当地の牛乳を入手する」という楽しみがある。最近は地ビールが有名だが、牛乳の商品数はそれよりもはるかに多い。スーパーに足を運んだ数だけ新しい牛乳との出会いがある。こうして列車内では酒盛りならぬ牛乳盛りを堪能し続けている。余談であるが、東日本では岩手の「くずまき高原牛乳」が、西日本では島根の「木次牛乳」が、今のところ私のなかでの牛乳横綱である。

旅に出かけても、地元の人と同じ列車に乗り合わせても、その土地の生活を知ることは難しい。見た目がかわいかろうと、素朴だろうと、どこでも同じだろうと、そこに住む以外に生活を知るすべはないのではとすら思っている。あくまで旅行者という立場でしかない。都会の視点と願望で旅先の土地の見てくれを評価するよりも、郷に入ったら「郷に楽しめ」の精神でいたほうが発見は多いし、何より自分だけの旅情に出会える。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT