新幹線開業で脚光浴びる「北陸グルメ」の魅力

首都圏の飲食店やあの航空会社も便乗?

北陸を代表するご当地グルメのハントンライス(筆者撮影)

いよいよ今週末、3月14日(土)に北陸新幹線の長野-金沢間が延伸開業する。これで東京-金沢間を最短2時間28分と現在よりも約1時間半も早く結べるようになり、首都圏と北陸の間における人の流れが変わりそうだ。金沢(石川県)や富山など、北陸の沿線各都市は首都圏からの観光客増を期待している。

開業に合わせ、現地でもさまざまな催しを企画

「W7/E7系」のデザイン監修は「イタリア人以外で初めてフェラーリをデザインした男」として知られる奥山清行氏(撮影:梅谷秀司)

北陸は、日本海の荒波で育った魚介類や加賀野菜などの豊富な食材のほか、回転寿司レーンのほぼ100%が金沢で生産されるなど、グルメ大国でもある。あまり知られていないが、北陸の中でも特に石川県は、ご当地グルメや名物料理が数多く存在する。加賀百万石の流れをくむ、由緒正しき治部煮(じぶに)などの「加賀料理」をはじめ、オムライスの上にフライを載せ、ケチャップやタルタルソースをかけた「ハントンライス」、能登半島全体で新たなご当地グルメとして誕生した「能登丼」などだ。

元々、北陸のグルメイベントは全国各地で開催されてきたが、現地でも、北陸新幹線の延伸開業を千載一遇のチャンスとみたさまざまな催しが企画されている。たとえば、金沢市の香林坊・片町地区では金沢中心商店街まちづくり協議会の主催で3月21~22日にかけて、「5タウンズフードフェスタ」という、食の屋台を集めたグルメイベントが行われる。

首都圏の飲食店でも北陸をテーマにした動きが活発化してきている。

次ページ都内の有名ホテルもフェアを開催
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT