新幹線開業で脚光浴びる「北陸グルメ」の魅力 首都圏の飲食店やあの航空会社も便乗?

印刷
A
A
厳選した料理が並ぶ、数歩先を行く「シェフズ ライブ キッチン」のブッフェスタイル(筆者撮影)

たとえば「ホテル インターコンチネンタル東京ベイ」(東京都港区海岸)は、北陸の食材を使用したプロモーションを、各レストランで開催している。特に3階の「シェフズ ライブ キッチン」では、ブッフェ評論家の東龍氏と料理長の佃勇氏のコラボレーションによる「ニッポンを味わおう」というコンセプトのもと、北陸の食材を用いたプロモーションを2月28日~5月14日まで開催中だ。

現在提供されているメニューの一例をあげれば、日本海の荒波で育った天然真鯛のカルパッチョや、加賀野菜の五郎島金時とブロッコリーのサラダ、天然ブリや真鯛の握り寿司、北陸で捕獲される魚のホウボウを用いたブイヤーベースなど。ビュッフェスタイルで提供されるため、北陸の食材を心ゆくまで堪能できる。

「今回のプロモーションのために、直接に金沢などの北陸へ出向き、さまざまな食材を実際に手に取り、地元の方々から食材の特徴を伺ったり、郷土料理を味わったりしながら、食材を選んでメニューを作り上げました」と佃料理長は語る。

北陸は海も山も食材が豊富

また、それらの料理をどう見せるかが東龍氏の役割。「北陸には、素晴らしい日本海の新鮮な海の幸、加賀野菜に代表される山の幸が豊富にあるので、それらをより伝わるようにどう見せるかを考えました」(東龍氏)。

そのコンセプトは、具体的には「旬の食材を、旬の時期に提供する」という点にもあらわれ、ブリやホウボウは今の季節のみで、今後は別の食材へと随時シフトするそう。実際に料理を味わえば、調理の腕もさることながら、食材の持つ、本来の鮮度のよさが前面に出た仕上がりになっている。

次ページあの航空会社も便乗?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT