ゼンショー「すき家」で強盗多発、安売り競争の“シワ寄せ”

ゼンショー「すき家」で強盗多発、安売り競争の“シワ寄せ”

牛丼チェーン「すき家」での強盗多発を理由に、警察庁から異例の防犯体制強化の要請を受けたゼンショーホールディングス。10月13日、全店舗で深夜も2人の営業体制に切り替える対策を発表した。2012年3月までに実施する。

警察庁によると、昨年すき家、吉野家、松屋の牛丼チェーン3社で起きた強盗68件のうち、9割近くがすき家で発生。今年はさらに悪化し、9月末時点で71件中、63件がすき家で起きた。一つの店舗が二度襲われたケースもある。

ゼンショーに対し、警察側も再三注意を促してきた。会社側は「防犯カメラの全店導入や防犯訓練などの対策を実施してきた」と説明する。が、目立った改善が見られなかったため、今回ゼンショー幹部を呼び出して要請するに至った格好だ。

すき家が狙われやすい理由として警察庁は、夜間勤務が通常1人であることや、店内に多額の現金が置いてあることを挙げている。

とりわけ夜間の1人勤務についてはこれまでも指摘がなされてきた。吉野家や松屋がアルバイトの休息や安全上の問題から、「夜間の1人勤務はありえない」としているのに対し、すき家は約1700店舗のうち、少なくとも半分以上の店舗で夜間の1人勤務体制を敷いている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。