「ジュラシック・ワールド」は何がスゴイのか 「これが見たかった!」を大切にした

✎ 1〜 ✎ 76 ✎ 77 ✎ 78 ✎ 最新
拡大
縮小

――ご自身では、なぜあなたがこの大作に抜てきされたのかと考えていますか?

これはたぶん、スティーブンと僕が同じ哲学を持ち合わせているからだと思う。それはつまり、観客を愛しているということ。生きていく中で誰しもストレスを抱えているわけだし、フラストレーションがたまることもある。でも少なくとも映画を見る間だけはそこから逃避することができて、そして見終わった後はよりしあわせな気持ちで劇場を後にしてほしい。スティーブンも僕も、そのことを何よりも優先しているんだ。

スピルバーグは新人の僕にも敬意を払ってくれた

(c)Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment

――パートナーとしてのスピルバーグとは?

とにかく声を大にして言いたいのは、スティーブンが僕という新人に敬意を払ってくれたということ。僕のやりたいように作らせてくれて、本当に寛大な人だった。もちろん僕も彼のことをものすごく尊敬している。だからできるだけ彼にも参加してもらいたかったから、ぜひ参加してほしいとお願いをした。撮影中はまるで自分が生徒のような気分だったよ。

――その共同作業とは、たとえばどんなところですか?

とにかく彼は脚本の段階からストーリー作りに関わっていた。そういう意味でも、すべてにおいてが共同作業だったと言えるだろう。もちろんいったん脚本が完成したら、撮影を始めるわけだけど、その段階ではラッシュも全部見てくれていた。

そして見た素材に対して、メモや写真が送られてきたりしてアドバイスを送ってくれた。そして時にはビデオが送られてきたこともあった。それはスティーブンの家の裏庭で飼い犬がけんかをしている映像で。お互いに立ち上がって首をかみ合っているものだった。それがインドミナス・レックスによる戦いのシーンに生かされたんだ。あのシーンはスティーブンの犬を参考にしているんだよ。

――あこがれの人と仕事をすることになり、その作品が世界中で大ヒットを記録したわけですが。現在の心境はいかがですか?

とにかくこの状況には非常に満足している。ただし、今回の世界を生み出したのは、原作者のマイケル・クライトンであり、オリジナル版の監督を務めたスティーブン・スピルバーグでもある。だからいつかは自分で作った完全にオリジナルの世界を生み出してみたい。僕はやはりそういうフィルムメーカーにあこがれているので、そういうチャレンジングなことをやりたい。ヒューマンドラマだってやってみたい。

今取りかかっている次の作品は、まったく違うジャンルの作品だし、とにかくリスクの高いことにチャレンジしたいと思っている。それは失敗するかもしれないけど、でもそれが成功への道だと思う。もちろんそのためには学ぶべきことはたくさんあるが、僕にはまだまだやりたいことがたくさんあるんだ。

壬生 智裕 映画ライター

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

みぶ ともひろ / Tomohiro Mibu

福岡県生まれ、東京育ちの映画ライター。映像制作会社で映画、Vシネマ、CMなどの撮影現場に従事したのち、フリーランスの映画ライターに転向。近年は年間400本以上のイベント、インタビュー取材などに駆け回る毎日で、とくに国内映画祭、映画館などがライフワーク。ライターのほかに編集者としても活動しており、映画祭パンフレット、3D撮影現場のヒアリング本、フィルムアーカイブなどの書籍も手がける。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT