「ジュラシック・ワールド」は何がスゴイのか

「これが見たかった!」を大切にした

――ご自身では、なぜあなたがこの大作に抜てきされたのかと考えていますか?

これはたぶん、スティーブンと僕が同じ哲学を持ち合わせているからだと思う。それはつまり、観客を愛しているということ。生きていく中で誰しもストレスを抱えているわけだし、フラストレーションがたまることもある。でも少なくとも映画を見る間だけはそこから逃避することができて、そして見終わった後はよりしあわせな気持ちで劇場を後にしてほしい。スティーブンも僕も、そのことを何よりも優先しているんだ。

スピルバーグは新人の僕にも敬意を払ってくれた

(c)Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment

――パートナーとしてのスピルバーグとは?

とにかく声を大にして言いたいのは、スティーブンが僕という新人に敬意を払ってくれたということ。僕のやりたいように作らせてくれて、本当に寛大な人だった。もちろん僕も彼のことをものすごく尊敬している。だからできるだけ彼にも参加してもらいたかったから、ぜひ参加してほしいとお願いをした。撮影中はまるで自分が生徒のような気分だったよ。

――その共同作業とは、たとえばどんなところですか?

とにかく彼は脚本の段階からストーリー作りに関わっていた。そういう意味でも、すべてにおいてが共同作業だったと言えるだろう。もちろんいったん脚本が完成したら、撮影を始めるわけだけど、その段階ではラッシュも全部見てくれていた。

そして見た素材に対して、メモや写真が送られてきたりしてアドバイスを送ってくれた。そして時にはビデオが送られてきたこともあった。それはスティーブンの家の裏庭で飼い犬がけんかをしている映像で。お互いに立ち上がって首をかみ合っているものだった。それがインドミナス・レックスによる戦いのシーンに生かされたんだ。あのシーンはスティーブンの犬を参考にしているんだよ。

――あこがれの人と仕事をすることになり、その作品が世界中で大ヒットを記録したわけですが。現在の心境はいかがですか?

とにかくこの状況には非常に満足している。ただし、今回の世界を生み出したのは、原作者のマイケル・クライトンであり、オリジナル版の監督を務めたスティーブン・スピルバーグでもある。だからいつかは自分で作った完全にオリジナルの世界を生み出してみたい。僕はやはりそういうフィルムメーカーにあこがれているので、そういうチャレンジングなことをやりたい。ヒューマンドラマだってやってみたい。

今取りかかっている次の作品は、まったく違うジャンルの作品だし、とにかくリスクの高いことにチャレンジしたいと思っている。それは失敗するかもしれないけど、でもそれが成功への道だと思う。もちろんそのためには学ぶべきことはたくさんあるが、僕にはまだまだやりたいことがたくさんあるんだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT