「成功する人」は失敗からヒントを得ている!

挫折だらけの日々を変えた一言

思い立ったら行動するのみ。ニューヨークのありとあらゆる出版社にアポを入れました。それでも、返事は「NO」ばかり。書き直して、今度は10社にまたプレゼンに行くも再び全敗。「女子向けのコミックは作らないからいらない」「マンガ?何それ?」「こういうのは売れないからいらない」――。

批評をしてもらえば本当にネガティブなことばかり言われるし、拒絶され続けると知らないうちに「本当に自分はだめな人間なんだ」と考えるようになってきてしまうんですよね。でも、このままでは終わりたくない。

そのときに気が付いたんです。交渉相手がダメ出しをしているのは、私の「商品」であって、「私」じゃない!と。だったら、彼らの批判を真摯に受け止めて、商品に生かせばいいんじゃないかと、ポジティブに受け止めることにしたのです。

それからは、電話でアポを取るときから気持ちを入れ替えて話しました。とにかく根拠のない自信!を猛アピール(笑)。無理矢理にでも添削をお願いしたり、アメリカ人の子どもたちが共感できるようなキャラクター作りにも力を入れるようになりました。

私のマンガはアメリカのティーンたちが主役なので、実際に学校を訪問して彼らのライフスタイルを研究し、それを表現しました。また、キャラクターが全員白人にはせず、より多くの人が楽しめるように国際色豊かなキャラクターも登場させました。とにかく、リサーチに時間をかけて、ストーリーとマンガのスタイルをアップグレードさせたのです。

見方を変えれば心が楽になる

こうした努力の結果、2006年にデビュー。その後出版した私の自伝的恋愛マンガ”Rock and Roll Love”はなんと、ニューヨーク図書館が選ぶベストティーンズブックアワードにも選ばれました。

ですが、これでハッピーエンドではありません。次の作品ができたとき、出版社は見てくれるだろうか――。また自分との闘いが始まります。でも、これも自分で選んだ人生、納得するまで前進するしかないんです。「NO」と言われたって大丈夫!誰しも経験することだし、断られないことのほうが珍しいのですから。全てゴールに向かうまでの通過点。今失敗したことは糧となりビクトリーに導いてくれます。何より「自分という存在や人格が否定されているワケじゃない」と見方を変えれば、次の日から気持ちが楽になりますから。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
  • テレビのミカタ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT