ヤフー、創業来の最高益更新を守れるか

第1四半期は広告好調も通期は不透明

一方、ECや有料会員のコンシューマ事業は、主力のネットオークション「ヤフオク!」が取扱高を着実に積み上げた。が、手数料の無料化で利用者増を図る育成中のネットショッピング「Yahoo!ショッピング」は収益貢献できず、事業全体の売上高は前年同期比0.8%増(289億円)、営業利益は同3.6%増(175億円)と停滞している。「その他」事業もクレジットカードの宣伝費がかさみ、増収・減益となった。

出足は好調だった広告事業についても、決算資料によると2015年度通期では「広告関連全体の売上高については、前連結会計年度比で一桁後半の増収率となる見込み」と慎重な見通しとしており、第1四半期の勢いが続くのか、先行きに不透明な部分もある。

アローラ会長は何をするのか

ヤフーは今期、経営陣に大きな変化があった。6月の株主総会を経て、昨年9月にグーグルから移籍した親会社ソフトバンクグループ副社長のニケシュ・アローラ氏がヤフー会長に就任した。

宮坂社長は「(アローラ氏は)米国と日本を行ったり来たりだが、日本にいるときは密にコミュニケーションを取っている。ネット業界について5年、10年といった長い目で見たときの議論をしている」と説明。「(ヤフー幹部との)かなり深いディスカッションをもっとやろうと言う話もある」とも述べた。昨年、ソフトバンクはアローラ氏に165億円の報酬を支払っていたことも明らかになったが、今後、ヤフーでどのような役割を担うのか、具体的な戦略については明確にしなかった。

大矢俊樹CFO(最高財務責任者)は会見で、通期の見通しについて「増収増益という基調については、予定通り」と説明した。が、事業環境は決して追い風ではないと、宮坂社長をはじめとする経営陣は認識しているはずだ。

5月に行われた2014年度通期の決算会見では、「非常に事業環境が変わってきた」(宮坂社長)として、それまで掲げてきた「201X年3月期までに営業利益3300億円」という目標のスライドが姿を消し、2015年度から業績予想の数字も公開しなくなっている。2015年度に19期連続の増収増益(2014年度から国際会計基準)を達成できるのか。日本のネット草創期から業界を牽引してきたヤフーにとって、まさに底力が問われる局面だ。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。