ヤフー、創業来の最高益更新を守れるか

第1四半期は広告好調も通期は不透明

一方、ECや有料会員のコンシューマ事業は、主力のネットオークション「ヤフオク!」が取扱高を着実に積み上げた。が、手数料の無料化で利用者増を図る育成中のネットショッピング「Yahoo!ショッピング」は収益貢献できず、事業全体の売上高は前年同期比0.8%増(289億円)、営業利益は同3.6%増(175億円)と停滞している。「その他」事業もクレジットカードの宣伝費がかさみ、増収・減益となった。

出足は好調だった広告事業についても、決算資料によると2015年度通期では「広告関連全体の売上高については、前連結会計年度比で一桁後半の増収率となる見込み」と慎重な見通しとしており、第1四半期の勢いが続くのか、先行きに不透明な部分もある。

アローラ会長は何をするのか

ヤフーは今期、経営陣に大きな変化があった。6月の株主総会を経て、昨年9月にグーグルから移籍した親会社ソフトバンクグループ副社長のニケシュ・アローラ氏がヤフー会長に就任した。

宮坂社長は「(アローラ氏は)米国と日本を行ったり来たりだが、日本にいるときは密にコミュニケーションを取っている。ネット業界について5年、10年といった長い目で見たときの議論をしている」と説明。「(ヤフー幹部との)かなり深いディスカッションをもっとやろうと言う話もある」とも述べた。昨年、ソフトバンクはアローラ氏に165億円の報酬を支払っていたことも明らかになったが、今後、ヤフーでどのような役割を担うのか、具体的な戦略については明確にしなかった。

大矢俊樹CFO(最高財務責任者)は会見で、通期の見通しについて「増収増益という基調については、予定通り」と説明した。が、事業環境は決して追い風ではないと、宮坂社長をはじめとする経営陣は認識しているはずだ。

5月に行われた2014年度通期の決算会見では、「非常に事業環境が変わってきた」(宮坂社長)として、それまで掲げてきた「201X年3月期までに営業利益3300億円」という目標のスライドが姿を消し、2015年度から業績予想の数字も公開しなくなっている。2015年度に19期連続の増収増益(2014年度から国際会計基準)を達成できるのか。日本のネット草創期から業界を牽引してきたヤフーにとって、まさに底力が問われる局面だ。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT