だから孫正義はインド人COOを後継指名した

前参謀がトップ人事の真相を読む

ソフトバンクの孫正義社長(左)は、ニケシュ・アローラ氏を後継指名した(写真:ロイター/アフロ)

「実質的な後継者指名か、というお話ですけれども、答えはイエスです」

5月11日に開催されたソフトバンク2015年3月期決算発表。6月の株主総会で代表取締役副社長に就任予定のニケシュ・アローラについて聞かれた孫正義社長は明快に答えた。

ニケシュは47歳、インド出身。世界最大のインターネット企業であるGoogleでナンバー2として実質的に経営を取り仕切っていた人物とはいえ、ソフトバンクに参加したのは2014年7月。まだ1年も経っていない。

逆算方式で考え抜かれた結果

参謀が語るソフトバンク怒濤の8年間の「正史」

孫社長の指名は、一部では驚きをもって迎えられている。しかし、この指名は、孫正義社長の「30年後、時価総額200兆円、世界トップ10の会社になる」という目標を達成するために、逆算方式で考えぬかれた結果である。

パックス・ロマーナを築き上げたカエサルが、遺書で自らの後継者として18歳のオクタビアヌスを指名したと知ったとき、多くの人が驚きをもって迎えた。自分を後継者と思い込んでいたアントニウスは「なぜ」と言って絶句したと伝えられている。

オクタビアヌスは、非凡な能力でカエサルの夢(パックス・ロマーナ)を実現し、18歳の少年に指導者の資質を見出したカエサルの眼力を証明した。今年1月に出版した『孫正義の参謀 ソフトバンク社長室長の3000日」(東洋経済新報社・刊)で私は、「ローマ帝国のように世界に拡大していくソフトバンクにも課題がある。孫社長の後継者問題だ」と書いた。ソフトバンクのオクタビアヌスは、ニケシュである、と孫社長は宣言したのだ。

次ページ後継者候補からなぜ日本人がはずされたのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。