大阪で愛される「日本一」のお米屋さんの秘密

会社は"トンチ力"で、こんなに元気になる!

幸南食糧は、松原でいちばん後からできたお米屋さんですが、いちばん大きくなりました。どうしてこんなに成長できたのでしょうか。川西会長さんの「1・1・2運動」にみられる発想力、トンチ力と“なにくそ”の精神力です。

最初は苦労されたそうです。主婦の方から「あんた、よう頑張っているのは分かるけどね。今までのお店との付き合いがあるし、なかなかおたくから買えないんよ」と言われました。そうしたらちょうどその頃、女性の社会進出が盛んになってきました。奥さん連中が仕事して夜遅くなることもあります。そこでお米を炊こうと米びつを見たら、お米がありません。困りました。その頃の松原では、だいたいどこの店も、夕方5時で終わりです。

営業時間の工夫で地域いちばんのお米屋さんへ

従業員の皆さんは、笑顔で撮影に応じてくれました

だけど、川西さんの所は、朝の5時から夜の11時、12時まで店を開けていました。それで、困ったお客さんが頼むと、夜遅くとも、わかりました、とお米を団地に届けに行ったそうです。その頃は、団地のほとんどが、自分とこのお米を買ってくれていないわけです。川西さんはその時、「よーし、この団地一棟全部、わしとこのお客にしてやる」と思ったそうです。それで、約束の時間丁度にピンポーンと押すんです。すると、お客さんは「あんた、すごいな。ぴったりに来るんやね」と言います。川西さんは、「そうですねん。夜遅くても、おうちの前まで届けますねん」と、団地中に聞こえるような大きな声で返事をします。そうすると周りの家も、あの米屋は遅くまでやってるんや、便利な米屋だなぁ、となります。それで、1軒が2軒になり、2軒が3軒になり、ついに団地全部が川西さんのお客さんになったそうです。

ここからおまけです。時々パートの女性を雇われます。その際、たくさんの応募があり、何人かは不採用にしなければなりません。そのとき、不採用の通知と一緒にお米をプレゼントされます。「地元の主婦の声は大事ですよ。不採用の方にも喜んでもらいたい」と。そうすることで、会社に対する悪口は出ません。「おくさま印」のお米は評判となり、地元で大人気になっていったんです。

すごい努力とサービス精神とで、成長しました。もともとは四国の人ですが、大阪でお米屋に就職して、苦労されて今日に至っているのです。それで、河内松原商工会議所の会頭もされました。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT