安保理、マレーシア機撃墜の法廷設置を否決 

ロシアが拒否権を発動

 7月29日、国連安全保障理事会は、ウクライナ東部でのマレーシア航空機撃墜事件をめぐる国際刑事法廷を設置する決議案を採決したが、ロシアが拒否権を行使し否決された。昨年11月撮影(2014年 ロイター/Antonio Bronic)

[国連 29日 ロイター] - 国連安全保障理事会は29日、ウクライナ東部で2014年7月にマレーシア航空機が撃墜された事件について、実行犯を裁く国際刑事法廷を設置する決議案を採決したが、常任理事国のロシアが拒否権を行使し、否決された。

決議案は犠牲者を出したマレーシアやオーストラリア、オランダ、ベルギー、ウクライナなどが共同提案した。米英仏など11カ国が賛成し、中国、アンゴラ、ベネズエラが棄権した。決議案の可決には9票以上の賛成票が必要で、常任理事国のうち1カ国でも拒否権を発動すれば否決される。

マレーシアー航空のMH17便は2014年7月に親ロシア派勢力が実効支配するウクライナ東部で撃墜され、乗客乗員298人が死亡した。このうち約3分の2がオランダ人の乗客だった。欧米など国際社会は親ロ派がロシアから持ち込んだミサイルを発射したと疑う一方、ロシアはこれを否定し、非難合戦が続いている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。