東芝「不適切会計」とは、何だったのか

1500億円以上の利益をカサ上げした背景とは

その後は次なる柱を探すべその後は次なる柱を探すべ く、スマートメーター(次世代電力計)やETC(自動料金収受システム)など、新規事業の開拓に奔走。中でも不適切会計の象徴となったのがインフラ事業のスマートメーターだ。2013年9月に受注、2013年度だけで、255億円の営業益をカサ上げした。経験のない案件で、損失が見込まれていたにもかかわ らず、無理に受注したことから、実績作りを優先していたことがわかる。その後も、ヘルスケア事業などに力を注いだが、目立った成果はない。

リーマンショック前には、ピーク時の2007年度で7.6兆円に達した売上高も、2012年度には5.8兆円まで大幅減。一方で日立製作所が行ったように、 不採算事業にはメスを入れられなかった。第三者委は東芝を「当期利益至上主義」と断じたが、不適切会計を起こしたのも、厳しい環境下、目先の安易な手段に 頼った帰結ではなかったか。

振り返ると東芝は2003年に委員会設置会社に移行。社外取締役も招き、コーポレートガバナンス(企業統治)の模範企業とされて、東芝自身もそれに誇りを持っていた。

ガバナンスの設計にも欠陥があった

だがその実態は、「ガバナンスの設計に欠陥があった」(西室泰三・東芝相談役)。第三者委によると「監査委員会による内部統制機能が働いていなかっ た」と指摘されている。監査委員長は社内の元財務担当。委員には3人の社外取締役が入っていたが、「財務・経理に十分な知見を有している者はいなかった」 (第三者委)。仕組みはあれど、運用に問題があり、完全には機能していなかったのだ。

一連の問題を受けて東芝は、取締役の過半数を社外から選ぶこと に決定。社外の取締役や専門家で構成、再発防止策などを検討する、「経営刷新委員会」を立ち上げる。次の焦点は8月中旬に発表される新経営体制になるだろ う。が、実質的に9月以降の新トップを決めるのは、刷新委か、指名委員会委員長か、それとも室町社長兼会長なのか、いまだ判然としない。

今後は東芝に対し、金融庁からの課徴金納付命令、東京証券取引所による特設注意市場銘柄への指定、さらには役員に向けた株主代表訴訟など、いくつもの試練が待ち構える。一度失った信頼を取り返すため、東芝が進む道のりはあまりに険しい。

                       (撮影:尾形文繁)

「週刊東洋経済」2015年8月1日号<7月27日発売>「核心リポート01-1」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。