(第17回)携帯とスマホの差は 垂直統合VS.水平分業

電電公社時代からの構造が続く

携帯電話における通信業者と機器製造者の関係は、固定電話の時代の構造を引き継いだものといえる。かつて日本の電気通信網は、電電公社によって独占されていた。電話機や交換機は、NEC、沖電気工業、富士通などの「ファミリー企業」が製造していた。電電公社が決める仕様に従い、要求される性能の機械を製造するという意味では、実態は電電公社の下請けであった。

1985年に公衆電気通信法が電気通信事業法に改正され、公社の民営化、電気通信事業への新規参入、そして電話機や回線利用制度の自由化が認められた。しかし、携帯電話に関しては、基本的には同じ構造が続いていることになる。

建設業の場合、元請負者が工事を発注者から一式で請け負い、下請けや孫請けに仕事を回す構造がある。IT業界の構造もこれと同じだとして、「ITゼネコン」という言葉が使われることさえある。

携帯電話とスマートフォンとの違いは、垂直分業と水平分業の違いだといってもよい。日本の携帯電話の場合は、NTTドコモを頂点とする垂直統合体制が築かれているのに対して、スマートフォンは本来は水平分業を要求する製品である。少なくともアプリの供給においては、右で述べたようにそうなっている。

日本の携帯電話は「ガラパゴス携帯」と呼ばれる。規格が日本固有であり、国際的に孤立化しているため、世界の潮流から取り残されて、独自の発展を遂げたからだ。そうなった原因として、囲い込みがあることを前回述べた。

スマートフォンはもともと囲い込みとは異質の文化をベースとする製品なのである。ITそのものが、そうである。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。