「蚊帳」で子供の命を救う!日本企業の執念

40万人の命を奪う「マラリア」と闘う住友化学

日本の蚊帳が、世界中で多くの子供の命を救っている(©M.Hallahan/Sumitomo Chemical-Olyset Net)
1960年代生まれ以降の現役世代にとって「蚊帳」と聞けば、『三丁目の夕日』に出てくるようなおじいちゃん、おばあちゃんの世代が使っていた、昭和の遺物のイメージであろう。しかしながら、日本の技術を使ったこの「蚊帳」が、世界で幼い子供の命を今も救っているという事実は、多くの人に驚きをもって受け止められるべきだろう――。
その蚊帳は1990年代に開発された、住友化学のオリセット®ネット。マラリア防除などのために、アフリカやアジアなどで年間にして数千万張りの規模で使われている。ケニアでは市場シェアナンバーワンを獲得。しかし、発売当初は思うようには売れず、在庫の山を築いたこともある。そのオリセット®ネットはいかにして生まれ、市場シェアトップに躍り出たのか。『日本人ビジネスマン、アフリカで蚊帳を売る』の著者である浅枝敏行氏に寄稿していただいた。

マラリアの抑制は全世界の重要課題のひとつ

一時は在庫の山を築いた「オリセット®ネット」は、いかにして市場シェアトップに躍り出たのか? 日本企業のアフリカ進出を成功へと導く「フロンティア市場の戦い方」を描く。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

現在、世界で年間40万人以上の乳児の死亡要因とされるマラリア。日本においては1950年代に沈静化した後は、事実上の撲滅状態を維持できているが、全世界においては途上国を中心に、いまだ数多くの幼い子供が命を落とす原因となっている。そして、感染すると、就業や教育の機会を失うこともあるため、「貧困の病」とも呼ばれている。

開発の進んでいない地域やそこでの貧困が、結果としてテロにかかわる人々や勢力を生み出す温床になりかねない側面もあることから、より安全で豊かな世界をつくるべく、マラリアの抑制は全世界の重要課題のひとつとして、多くの方策が試みられてきた。

次ページ10数年の歳月をかけて実現した製品
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。