(第16回)スマホも日本でガラパゴス化する

日本国内で販売されている端末はSIMロックされているものだけなので、海外で携帯電話を利用する場合にはローミングという仕組みを使う。この料金は非常に高い。もともとは国境を越えて使うために導入された仕組みが、日本では逆になっている。

「アジアとの経済統合を進めるべきだ」としばしば言われるが、現実はこのような状態なのだ。フィリピンとFTA(自由貿易協定)を結んでも、看護師試験で事実上排除しているが、それと同じことだ。

こうした状態はPCにもあった。かつて日本では、NECの9801が「国民機」と言われた。アメリカのPCは日本語で使うのに難点があったので、日本では国産機しか使えなかった。つまり典型的な「ガラパゴス現象」の条件があったのだ。しかし、この状態は、MS/DOSの登場で一挙に破壊された。今では、日本のPCメーカーは見る影もない。

日本の競争は囲い込み競争

携帯電話と同じことが、スマートフォンでも生じる可能性がある。なぜなら、SIMロックはスマートフォンにも持ち込まれているからだ。

iPhoneの回線はソフトバンクモバイルが提供しているが、SIMロックがかかっていて、他社回線を利用することができない(海外で販売されているiPhoneはSIMロックフリーなので回線は自由に選べる)。ソフトバンクはiPhoneという超ヒット商品を日本で独占しようとしているのである。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。