株式投資の「勝ち組」になるコツ、教えます

回らない「回転寿司屋」に行ってみた!

一時的に大きく下落していたカッパHDの株価。今回の筆者の「日記」を読めば、あなたも株式投資の「勝ち組」になれるかもしれない
日本株は「ギリシャ危機」や「中国株暴落」の影響を乗り越え、日経平均株価は再び2万円台を回復、年初来高値が再び見えてきた。さて、直近の2週間、カリスマ投資家の内田衛氏は何をやっていたのであろうか。やはりというべきか、カリスマ投資家にふさわしい投資行動をとっていたようだ。いつものように「株日記」で振り返ってみよう。

ギリシャ危機なのに、マルハニチロの株価は強いぞ!

この連載の一覧はコチラ

【7月6日(月)】午前6時、ギリシャ国民投票で、緊縮策受け入れ反対多数でチプラス首相が勝利宣言!反対61.31%、賛成38.69%。ギリシャはユーロ離脱か?日経平均株価は、427円安の2万0112円と大幅安。そんな中でも、優待目的保有銘柄のマルハニチロ(1333)は19円高の2039円(高値2044円)で年初来高値を更新した。ギリシャ国債売りが殺到、2年物国債金利47.1%台(先週末35.3%)、10年物国債17.3%台(先週末14.8%)。7月20日、ギリシャ政府、ECB(ヨーロッパ中央銀行)への35億ユーロ返済は大丈夫なのか?

【7月7日(火)】NYダウは、46ドル安の1万7683ドルと小反落。マルハニチロは、90円高(4.41%)の2129円と連日の年初来高値更新。どうやら今日22時からテレビ東京で「ガイアの夜明け」でマルハニチロが取り上げられることが材料視されているのかも。ピザなど冷凍食品に農薬が混入された事件からどう変わったのか注目してみたい。WTI原油価格が55ドル割れ。欧州需要減速懸念。日経平均は、264円高の2万0376円と反発。

【7月8日(水)】午前3時、日経225先物は、150円安の2万0270円。9時26分、マルハニチロを2130円で600株売り、21万2346円の利益確定。平均買値1770円。年30円配当と年1回の優待を2回ゲットしているので、値上がり益、配当、優待と1売買で3度おいしい理想的な売買となった。

次ページ株式投資に、勝つコツを教えます
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT