消えない口臭、タチの悪い原因はこれだ!

工夫次第でコンビニ飯でも対策できる

そして意外かもしれませんが、果物の食べ方にも注意が必要です。果物にもフラボノイドなど口臭を消す効果が期待できるミネラルが入っていますが、食前や食事の間のおやつなどにいただくのがベターです。朝の起き抜けの時間帯に食べるのもいいでしょう。

こと「口臭」について考えるのであれば、果物の場合「フルーツ酸」という特有の酸に注意が必要です。食後のデザートに食べると、先に胃の中に入っている食べ物からガスを発生させてしまう可能性があるからです。神経質に守るほどではありませんが、覚えておくと便利でしょう。

口臭が発生しにくいコンビニ食の取り入れ方

「食べる順番」や「ベジタブルファースト」など野菜から先に食べる風習は、ビジネスパーソンの間でも随分浸透してきたようですね。これに糖質の低い果物を先に食べる習慣も取り入れると、口臭の心配が減るかもしれません。

〈みわ子流、口臭予防のためのコンビニ飯!〉
●食前に食べたい糖質の低い果物(低GI食品)
リンゴ、キウイ、ブルーベリー、オレンジ、グレープフルーツ、メロンなど
GI値とはグリセッミク・インデックスの略で、血糖値上昇指数のこと。一般に55以上を「高GI食品」、55以下を「低GI食品」と呼びます。どれもカットフルーツでお馴染みなので見つかりやすいでしょう。
●お弁当を食べる時
揚げ物やガッツリ焼き肉弁当でもOKですが、必ず付け合わせの野菜が多めのものを選び、野菜から先に食べてください。野菜を残すのは絶対にダメ!です。これでいつものコンビニ弁当でも口臭の心配が減るでしょう。
●具だくさんの麺類を
麺類オンリー派の方は、サラダうどん(蕎麦)、野菜の具が多い冷麺、温野菜がゴロゴロ入っているパスタ類などを選びましょう。食欲がない時は、ネギや大根おろしが入っているものでもいいので、少しでも野菜を摂る習慣を!
●パン系が好きな方は
パンにサラダを選ぶ方は大丈夫ですが、パンのみで済ましがちな方は、サンドイッチなどを選ぶようにし、コールスローサラダや、レタス、キュウリ、トマトなど野菜が多めにサンドされているものを選んでください。
●口臭消しに役立つ香味野菜類
ネギ、生姜、大根おろし、わさび、大葉(しそ)、バジルなどの薬味系の香味野菜は解毒作用も期待できるので、消化不良を防ぎ、少量でも口臭予防になるでしょう。野菜をたくさん食べるのが苦手、という方は取り入れてみてください。

 

特にランチ後の歯磨き習慣が少ない方は、食事時になるべく野菜を摂り入れて、体の中から口臭予防を試みてください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT