中国で高まるブランド信仰、「ステータス」を欲する消費者心理を反映


■対中ビジネスは「攻撃的かつ慎重に」

--海外企業が中国でビジネスを展開するのは難しい面もあると聞きます。たとえば、仏ダノンと合弁相手の地元飲料メーカー、ワハハの間では、商標をめぐって紛争が起きました。中国でのビジネス展開をもくろむ企業の意欲をそぐ可能性はありませんか。

ダノンのケースはよく知っています。中国で『チャイナズ・マネージメント・レボリューション(CHINA’S MANAGEMENT REVOLUTION)』という著作を書いたとき、ワハハの経営者にインタビューしたことがあります。彼には娘が1人います。彼女は米国で暮らし、勉強してMBA(経営学修士)を取得しました。ダノンとのトラブルがあった後、父親と一緒に経営を行うため、中国へ戻ってきました。

ところが、彼はインタビューでこう言いました。「娘はワハハでこれまでに見たことのない最低のマネジャーだ」と……。彼女は西洋文化の影響を受けて中国へ戻ってきました。ビジネススクール流の経営学を身に付けてきたのです。

海外グループにとって重要なのは地元に溶け込もうとすること、「普遍」のものを理解し、文明を理解することです。それは日本で海外企業がビジネスを展開する場合も同じです。日本でうまくいっている外国企業は日本に順応し、文化を理解することに成功している。そうでなければ、決して成功を収めることはできません。

--仏大手スーパーのカルフールは中国で成功しているが、日本では失敗しました。

中国では競争力のある価格で消費者に買い物できる機会を提供することができました。開店の許可をもらうため、中央ではなく地方の行政に接近するという戦略も奏功しました。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • フランスから日本を語る
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。