中国で高まるブランド信仰、「ステータス」を欲する消費者心理を反映


--中国は地域に応じて所得水準などが大きく異なっています。そうした中でどのような戦略が有効なのでしょうか。

難しい質問ですね。中国には3つの複雑な側面があります。1つ目は地理上の問題。省だけでなく、特別区もあります。2つ目はチャネル。問屋、フランチャイズなどが多数存在し、その戦略も極めて複雑です。3つ目はどのような消費者がどのようなタイプの製品を欲するかという点です。

3つの次元を交差させようとすれば、ジグソーパズルのような組み合わせになる。100組の製品を売る際に、100の消費者、100のチャネルが存在しています。われわれの仕事はそれを単純化することです。

--日本企業はそうした複雑さを理解していますか。

わかっていると思います。現在、世界のあらゆる事象が極めて複雑化しています。中国で成功する企業は複雑さを受け入れつつ、単純に行動できるところでしょう。

黒という色は白か灰色かもしれません。不確かであいまい、かつ変動が大きい。中国は複雑な世界です。でも、決断は急がなければなりません。多くのヒエラルキーが存在し、物事を進めるプロセスも長い。だからこそ、迅速な決断が求められているのです。中国でビジネスを展開する日本企業は複雑さと単純さの間に位置する「あいまいさ」を受け入れなければなりません。対中ビジネスは「攻撃的かつ慎重に」。これが私の哲学です。

Charles-Edouard Bouée
 ローランド・ベルガーのフランス・パリオフィスで金融案件のプロジェクトを多く手掛け、2006年に中国の代表に就任。アジアパシフィックの統括責任者も兼務。在中国EU(欧州連合)商工会議所のボードメンバーにも名を連ね、企業経営のアドバイスなどを行う。ブルームバーグやCNBCのコメンテーターも務める。

(聞き手:松崎 泰弘 撮影:梅谷 秀司 =東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。