健康維持は「一息タイムの1杯」で始めよう

知っておきたい「ポリフェノール」の活用法

確かに、食べ過ぎは太る原因になりかねませんが、チョコレートは原材料のカカオに特有の「カカオポリフェノール」が含まれています。

これには血圧を下げる効果のほか、脳の神経栄養因子の血中濃度が上がって集中力が増し、学習能力や記憶力が高める効果のほか、善玉コレステロール値を上げメタボのリスクを下げる効果などが期待できます。なるべく「カカオ70%以上」など、含有量が高いものを選んでください。

ほかには、ブルーベリーやアサイーのアントシアニン、ゴマのゴマリグナン、大豆のイソフラボン、リンゴのリンゴポリフェノールにも、似たような効果が期待されます。また、クルミに多種類のポリフェノールが含まれていることもわかっており、植物の中でも群を抜いて抗酸化作用が高いことがわかっています。

コンビニで買える集中力アップ&健康アイテム

もちろん緑黄色野菜や色の濃い果物にも、多種類のポリフェノールが含まれていますが、今回は、あえてポリフェノールが摂取できる「おやつ・嗜好品」を選んでみました。

〈みわ子流、ポリフェノール摂取のためのコンビニアイテム!〉
●チョコレート系
カカオ70%以上のチョコレートが望ましいですが、苦くて食べられない場合は、なるべくビタータイプのものを選んでみましょう。またスイーツ好きの方は、クッキーやドーナツを選ぶ際、ココア味やチョコレート入りのものにすると、ポリフェノール摂取の効果を得やすいでしょう。
●飲料
コンビニのドリップコーヒーをはじめ、缶コーヒー、カフェチェーンや紅茶メーカーのチルドカップなどが勢ぞろいしています。飲料なら、野菜ジュース、色の濃いアサイーやマンゴーなどの紙パックドリンクもありますね。
●大豆製品
大豆イソフラボンはポリフェノール特有の働きだけでなく、精神を安定させてイライラ防止にも効果的なので、冷静に仕事をするには最適です。女性好みのクッキーやケーキタイプのものから、男性でも食べやすいソイバーやシリアルバータイプのもの、そして豆乳を使ったドリンクシリーズなども見つけられるでしょう。
●ナッツ類
おつまみコーナーの各種ナッツ類はもちろん、よく観察するとシリアルバーやお菓子類、ドリンク類にもナッツが含まれているので、探してみましょう。

 

自炊が習慣付けられない人は、毎日野菜や果物を摂取できるとは限りません。そんなときには、仕事の合間の一息タイムに、ポリフェノール入りの嗜好品をうまく取り入れてみてください。その後の仕事の効率や、長い目で見た健康維持に役立つでしょう。

ただ、繰り返しになりますが、チョコレート類や飲料には糖分・脂肪分が高い商品も多いため、摂りすぎには注意が必要です。上手に付き合って、ポリフェノールパワーをチャージしましょう!

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT