なでしこの精神力は、4年で劇的に上がった

際立った宮間の「揺さぶり」と大儀見の「我慢」

アンガーマネジメントテクニックの中にも「ポジティブ・セルフトーク」というものがあり、これもやはり旧連載の第2回「優れたパフォーマンスを発揮できる思考とテクニック」で触れています。

宮間選手のケースはセルフトークでなく、いわゆるペップトーク(スポーツ選手を励ますために指導者が試合前や大事な練習 の前に行う短い激励のメッセージ)のたぐいですが、感情をプラス面に高めるために、言葉が非常に重要な要素となるのは同じことです。

感情の”揺さぶり”が士気を高めた

時に強く、時に諭すように語りかける宮間選手の言葉には、涙を流す選手までいるとのこと。こういったいい意味での感情の”揺さぶり”が、チーム全体の士気を高めるのに一役買っていたのは間違いありません。

宮間選手も、絶対的なキャプテンであった澤穂希選手の後に主将となり、大儀見選手とは違う意味で自らを模索した4年間だったはずです。前回大会の優勝祝賀会で、宮間選手はビールを少しだけ口にすると、すぐに連覇への道筋を考え始めたそうです。それほどの選手ですから、チームメイトから厚い信頼を寄せられ、澤選手の後を任されたのでしょうね。

大儀見選手や宮間選手の取り組みには、私たちが学べることもたくさんあります。”我慢できる”感情コントロール法を身につけること、組織の士気を高めるためにメンバーの感情を”揺さぶる”こと。これらを実践する際、皆さんもアンガーマネジメント的思考法をぜひ役立ててください。

アンガーマネジメントに興味を持たれたかたは、拙著『パワハラ防止のためのアンガーマネジメント入門』(東洋経済新報社)をご高覧ください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。