ハンナ --悲しい少女と不景気と暴力《宿輪純一のシネマ経済学》


 『ヤバい経済学』(東洋経済新報社)は映画化され、このコーナーでも取り上げたが、そこでは米国の殺人などの犯罪率が減ったのは、望まれない子供の誕生が減った(中絶した)からとしている。それも一因かもしれない。しかし、そもそも失業率が上がることは、経済問題を超えて、治安上も決して良いことではない。

現在、日本国内の経済成長率が下がっていることや、円高基調によって、このままでは空洞化が進むと言われる。経済の空洞化は、失業率の上昇につながり、治安も悪化する。絶対に阻止しなければならない命題である。何の策も採らずに景気が回復する時代は終わった。

以前は、国と企業と個人の幸せは重なっていた時期があった。しかし、企業がグローバル化していく中で、その三者がともに幸せとなる関係は薄まってきた。個人もグローバル化しつつある。政治や国のあり方が問題で、グローバル化しなければならないのである。

8月27日より公開。

しゅくわ・じゅんいち
博士(経済学)・映画評論家・エコノミスト・早稲田大学非常勤講師・ボランティア公開講義「宿輪ゼミ」代表。1987年慶應義塾大学経済学部卒、富士銀行入行。シカゴなど海外勤務などを経て、98年UFJ(三和)銀行に移籍。企画部、UFJホールディングス他に勤務。非常勤講師として、東京大学大学院(3年)、(中国)清華大大学院、上智大学、早稲田大学(4年)等で教鞭。財務省・経産省・外務省等研究会委員を歴任。著書は、『ローマの休日とユーロの謎』(東洋経済新報社)、『通貨経済学入門』・『アジア金融システムの経済学』(以上、日本経済新聞出版社)他多数。公式サイト:http://www.shukuwa.jp/、Twitter:JUNICHISHUKUWA、facebook:junichishukuwa ※本稿の内容はすべて筆者個人の見解に基づくもので、所属する組織のものではありません。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。