病気にかかるおカネ--最新治療と費用がわかる

テーブルの上にうずたかく積まれた領収書の山--。2006年以来、乳がんの治療を続けている佐藤恵美さん(仮名、38)は、これまでに支払った医療費を電卓に打ち込んでみた。締めて400万円。
 
 「風邪をひいて病院にかかっても1000円かそこらだったのに、今や1回の治療に8万円、9万円が当たり前。病気になるまで、そんな世界があるなんて思いも寄らなかった」。

医療技術の進歩によって、かつては不治の病といわれていた病気が治るようになり、治療法の選択肢も広がった。QOL(生活の質)を維持しながらの治療も可能になってきた。
 
 一方で、医療にかかる費用は高額になるばかり。そして、多くの場合、そこに「値段」の表示はない。ある医師はこう言う。「どの医療を施すかは患者によってケース・バイ・ケース。一定の価格を明示するほうがかえって誤解を招く」。

だが、NPO法人「東京地域チーム医療推進協議会」の伊木宏氏は「現金で払える水準でない額になるのなら、事前に知らされていないと困る。あらゆる治療オプションの中から、自分が受けられる治療を安心して選ぶには、費用の事前開示が必要だ」と強調する。
 
 伊木氏は09年4月に、がん治療の選択肢とその費用を体系的にまとめたウェブサイト「がん治療費.com」を開設。がんの患者や家族に重宝されている。

自分や家族が病気にかかったら、まず「治したい」と強く思う。重篤な病気であるほど、命が助かることが最優先され、おカネの問題は二の次になりがちだ。でも、会計窓口では、請求書を容赦なく突き付けられる。自分にも家族にも生活がある。

佐藤さんが最初にがんと診断されたとき、主治医は大まかな費用の目安を教えてくれたが、それは3割負担でもとても支払える金額ではなかったという。


ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT