病気にかかるおカネ--最新治療と費用がわかる


「酒もやめているし、宴会代が医療費になったと思えば大した負担ではない」と言うものの、これまでに支払い続けてきた医療費を合算して驚いた。締めて200万円。

慢性疾患は、受診1回当たりの負担は小さいが、その費用を一生支払い続ける。吉田さんの場合、自己負担は200万円だが、これまでに使った医療費は600万円以上に上る。

病気にかかるおカネ--。
 
 普段は気にも留めない費用だが、知っておくに越したことはない。まず、がんなどもしもの大病を患った際に備えるため。そして、慢性疾患でこれまでに支払ってきた医療費、今後支払い続ける医療費をあらためて認識するため。充実した公的医療保険制度の下で見えにくくなっている、実際にかかった医療費を、国民一人ひとりがあらためて知ることも必要だ。

『週刊東洋経済』2011年8月13・20日合併特大号では、最新治療を費用について、徹底レポートした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT