2011年夏ベスト経済書5~19位 『若年者就業の経済学』ほか

2011年夏ベスト経済書5~19位 『若年者就業の経済学』ほか

5位
『若年者就業の経済学』
太田聰一著
日本経済新聞出版社 2520円

6位
『経済復興大震災から立ち上がる』
岩田規久男著
筑摩書房 1260円

『日本経済が何をやってもダメな本当の理由』
櫨浩一著
日本経済新聞出版社 1995円

『なぜ日本経済はうまくいかないのか』
原田泰著
新潮選書 1260円

9位
『経済成長とモラル』
ベンジャミン・M・フリードマン著/地主敏樹、重富公生、佐々木豊訳
東洋経済新報社 5040円

10位
『経済成長は不可能なのか 少子化と財政難を克服する条件』
盛山和夫著
中公新書 861円

関連記事
トピックボードAD
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。