2011年夏ベスト経済書5~19位 『若年者就業の経済学』ほか


11位
『財政規律と予算制度改革なぜ日本は財政再建に失敗しているか』
田中秀明著
日本評論社 6090円

『税と社会保障の抜本改革』
西沢和彦著
日本経済新聞出版社 2100円

『東日本大震災復興への提言 持続可能な経済社会の構築』
伊藤滋、奥野正寛、大西隆、花崎正晴編
東京大学出版会 1890円

14位
『日本の農林水産業成長産業への戦略ビジョン』
八田達夫、高田眞著
日本経済新聞出版社 2520円

15位
『コーポレーションの進化多様性 集合認知・ガバナンス・制度』
青木昌彦著/谷口和弘訳
NTT出版 3570円

16位
『いま、知らないと絶対損する年金50問50答』
太田啓之著
文春新書 893円

『「就社」社会の誕生 ホワイトカラーからブルーカラーへ』
菅山真次著
名古屋大学出版会 7770円

『スウェーデン・パラドックス 高福祉、高競争力経済の真実』
湯元健治、佐藤吉宗著
日本経済新聞出版社 2520円

19位
『グレート・リセット 新しい経済と社会は大不況から生まれる』
リチャード・フロリダ著/仙名紀訳
早川書房 2415円

『日本経済復活まで 大震災からの実感と提言』
竹森俊平著
中央公論新社 1050円

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • フランスから日本を語る
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。