日本人が子どもに「翔」の名をつけたがる理由

社長に「誠」が多いのは偶然ではなかった!

まず平成の名づけの主流は、音の響きを先に考え、その響きに漢字を当てはめるやり方。流行りの名前は「ユウト」や「ソウタ」という響きで、これに漢字を当てると「悠人」や「颯太」など2文字の名前が多くなる。

TBSテレビ『ナゾ解き!マイネーム』(7月3日よる9時放送)は、100年を超える名前ランキングのデータをはじめ、日本人の名前の秘密を徹底解析。思わず関心する雑学も満載でお届けします

一方、昭和の名づけの主流は、「清く生きてほしいから清(きよし)」「まっすぐ進んでほしいから進(すすむ)」というように、漢字の意味を名前に込めるという方法。これだと必然的に一文字になることが多いのだという。昭和の名前は一目瞭然、親の想いがそこにわかりやすく表現されていたワケだ。

昭和57年にランクインしてから30年以上人気の「翔」

この名前ランキングからは、ほかにもさまざまな興味深い現象を見つけることができる。そのひとつが「翔」という漢字がつく名前。昭和57年に「翔」が10位に初登場して以来、「翔太」「翔平」「大翔(はると)」「陽翔(はると)」「海翔(かいと)」など、「翔」の字がつく名前が30年以上連続ベスト10入り。何度も1位の座に就いている。

画像を拡大
昭和56~平成26年の「生まれ年別名前ランキング」

プロ野球界を見ても、中田翔、大谷翔平、堂林翔太など、総勢21人もの「翔」のつく名前の選手が登録され、一大「翔」グループを形成している。今や大定番となっている漢字、それが「翔」なのだ。

では、なぜここまで「翔」は人気になったのだろうか? 命名研究家の牧野さんによると、昭和50年代に「翔」の字がメディアに度々露出したのが大きな要因だという。

次ページあのベストセラーも要因に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT