「大阪・関西万博」が赤字の場合、大阪府市で負担も 大阪府の吉村洋文知事が赤字負担に言及

拡大
縮小
吉村知事
来年春に開催される大阪・関西万博の“目玉”のひとつ『空飛ぶクルマ』について、吉村知事は「技術的にはドローンだ」と明言した(写真:FNNプライムオンライン)
大阪府の吉村洋文知事は21日、フジテレビ系『日曜報道 THE PRIME』(日曜午前7時30分)に出演し、来年春に開催される大阪・関西万博の“目玉”のひとつ『空飛ぶクルマ』について、(クルマではなく)「ドローンだ」との認識を示した。

万博の目玉「空飛ぶクルマ」の実現は

番組コメンテーターの橋下徹氏(弁護士、元大阪府知事)が「はっきりと『有人ドローン』『人乗りドローン』と言わないと。『空飛ぶクルマ』というと、クルマ(として)走れないじゃん、こんなん嘘やんか、という人が絶対出てくる。ドローンですよね」と指摘。吉村知事は「技術的にはドローンだ。これはドローン」と明言した。

FNNプライムオンライン「日曜報道 THE PRIME」(運営:フジテレビ)の提供記事です

一方、巨額の無駄遣いとの批判がある、万博のシンボル『大屋根リング(万博リング)』について吉村知事は、万博終了後にレガシー(次代に遺(のこ)すべきもの)として一部を保存することが望ましいとの考えを示した。「世界最大級の木造建築で、こんなものを日本は作れるのか。圧倒的な存在感で、来場者は『これは残すべきだ』となると思う。政治家としての直感で最初に見たときに感じた」と述べた。

万博は建設費の増額や工事の遅れなどで批判にさらされ、前売り入場券の販売も芳しくない。立憲民主党の長妻昭政調会長は規模の縮小などを求め、「赤字になった時に誰が負担するのか、あらかじめ決めるべきだ」と懸念を表明した。

これに関し、橋下氏は、万博の経済効果について約3兆円との試算があり、大阪圏が最も恩恵を受けることに触れたうえで、運営費に万が一赤字が出た場合、大阪府市計4600億円規模の財政調整基金の一部を充てればいい、と提案した。

吉村知事は「もし赤字が出た場合、大阪府市で負担する考えはある。でも、その時は黒字も大阪府市が全部もらう。それがいいのか、というとそうじゃないと思う。万博は(政府主催の)日本万博で、それを大阪でやることで日本全体に効果を波及させる、日本の成長のためにやっている」と強調、「大阪が(赤字の補填を)やったら、国は赤っ恥になる。国の事業ですから」と話した。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT