長谷川博己「アンチヒーロー」強力布陣で挑む勝算 VIVANTスタッフと、日曜劇場7年ぶり主演で話題

拡大
縮小
アンチヒーロー 長谷川博己 日曜劇場
『アンチヒーロー』(写真:ドラマ公式YouTubeより引用)

4月期ドラマの注目作のひとつ、TBS日曜劇場『アンチヒーロー』が、4月14日にスタートした。

重厚な世界観の社会派ドラマで定評がある同枠だが、本作は「殺人犯をも、無罪にしてしまう」“アンチ”な弁護士を主人公に、「正しいことが正義か、間違ったことが悪か」をテーマにする。

公式サイトでは「新たなヒーローがあなたの常識を覆す逆転パラドックスエンターテインメント」と銘打っている一方で、第1話を見た印象は、正統派の法廷ドラマだった。

※以下、1話のネタバレがあります。ご注意ください。

VIVANTの脚本家陣が手掛ける

本作は日本の司法を舞台にするオリジナルストーリー。犯罪者である証拠が100%揃っていても無罪を勝ち取り、「殺人犯をも無罪にしてしまう」“アンチ”な弁護士・明墨 (あきずみ )正樹を、『小さな巨人』(2017年)以来7年ぶりの日曜劇場主演となる長谷川博己が演じる。

脚本は、山本奈奈、李 正美、宮本勇人、福田哲平の4人が手掛けている。福田氏を除いた3人は日曜劇場の大ヒットドラマ『VIVANT』でも脚本に携わっており、強力な布陣が敷かれている。

第1話は、町工場の社長を撲殺した犯人として逮捕、起訴された従業員の容疑者・緋山(岩田剛典)の弁護士・明墨が、裁判に向けた弁護の準備をするところからはじまる。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT