「ソロ活」の心地よさの先にある自由と社会的孤立 若者の孤立を防ぐ立場から見たシングルと役割

拡大
縮小
シングルライフ
シングルと社会的孤立状態は紙一重なのかもしれません(写真:Graphs/PIXTA)
未婚率全国トップの東京23区で進む「日本の未来」とは。孤独担当大臣も知らない、35歳から64歳の「都市型」の自由と孤独に焦点を当てた『東京ミドル期シングルの衝撃:「ひとり」社会のゆくえ』がこのほど上梓された。同書を、奈良県東吉野村で「人文系私設図書館ルチャ・リブロ」を運営し、若者の孤立防止支援も行っている青木真兵氏が読み解く。

若者の孤立を防ぐ立場から

現在、僕は10代から20代前半の若者の孤立を防ぐことを目的とするNPO法人で働いています。

『東京ミドル期シングルの衝撃:「ひとり」社会のゆくえ』
『東京ミドル期シングルの衝撃:「ひとり」社会のゆくえ』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

子どもや若者が孤立する要因はさまざまですが、家庭や学校に居場所のないことがそのような状況に陥らせています。孤立の結果、居場所を求めて繁華街に出歩き犯罪に巻き込まれたり、生活費を稼ぐために犯罪に関わらざるを得なかったり、家のなかに引きこもってしまったりすることになります。

もちろん、繁華街で遊ぶこと、反対に人混みが嫌いでずっと家でゲームしていたいと思うことが悪いことだとはまったく思いません。

しかし、地域コミュニティも希薄になり、そもそも社会のセーフティネットが脆弱な現代日本では、生まれ育った家庭によって将来がすべて決まってしまう「親ガチャ社会」にますます拍車がかかってしまうと危惧しています。このような状況を少しでも改善するために、社会的なセーフティネットを作る必要があります。

一方、『東京ミドル期シングルの衝撃』ではミドル期シングルの大人を対象としています。

「ひとり暮らし」をしている人びとのことを「シングル」と定義し、ミドル期とは35〜64歳のことを指し、前期が35〜49歳、後期が50〜64歳に当たります。シングルは1950年代後半から増加し続け、特に2000年から2020年には156万人から326万人へと大幅に増加しています。この時期に増加したのは男性に顕著に現れている、未婚ミドル期層だといいます。現在ミドル期シングルは東京都区部人口の3割近くをしており、今後も増加していくと考えられています。

次ページ社会的孤立に追い込まれてしまう可能性も
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT