【産業天気図・商社】2006年度も小幅ながら最高益更新続く

総合商社は大幅な最高純益更新が確実な2005年度に続き、06年度も成長ペースは鈍化するものの、最高益更新が見込めそうだ。
 成長ペースが鈍化するのは、前期の収益膨張を主導した原油・LNGなどのエネルギーや石炭・鉄鉱石などの金属資源の価格急騰が、高水準ながら一服する見通しのためだ。06年度の原料炭価格は、すでに約8%の値下げで終結。鉄鉱石も資源メジャーと鉄鋼大手間の交渉が大詰めだが、現状、1~2割の値下げになる見通しが強い。原油も昨夏のWTIベース1バレル=70ドル到達を境に60ドルを挟むレンジで落ち着いている。
 ただ生産権益の拡大もあって、商社の資源・エネルギー部門の収益は、強含み程度は確保できそうだ。中東・東南アジアなどからの大型発電・造水・石化等のプラント受注も相次いでいる。米国、中国などの景気堅調もあり、全般に機械・化学・生活産業など主要部門を取り巻く外部環境は良く、資源・エネルギーを除く各部門も総じて小じっかり稼ぐ公算大だ。
 その中で注目は丸紅<8002.東証>と三井物産<8031.東証>だ。丸紅は1300億円を投じ、メキシコ湾で原油の大型生産・開発権益を獲得した。生産量は日量で現状の5万バレルから8万バレルに拡大。来期から年間利益で100億円規模の上乗せとなる。得意の中東向けプラントの寄与と合わせ、同社の純益は今期見込みの850億円から来06年度は1000億円の大台乗せが可能と見る。三井物産はDPFの不祥事の悪影響が消えるうえに、商社でトップの鉄鉱石が値上げの可能性が高く、純益拡大ペースは相対的に高くなりそうだ。『会社四季報』では同社に純益について、今期見込みの2100億円から来期は2200億円程度にまで伸ばせそうだと予想している。
【大西富士男記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。