ロードスターを「ヤバいクルマ」と思ったワケ 8年ぶり大幅改良はユーザー想定外の出来栄え

✎ 1〜 ✎ 22 ✎ 23 ✎ 24 ✎ 最新
拡大
縮小
2023年10月5日に発表された、ロードスターの大幅改良モデルに試乗した(筆者撮影)
2023年10月5日に発表された、ロードスターの大幅改良モデルに試乗した(筆者撮影)

オンライン発表から4カ月弱、待ちに待ったマツダ「ロードスター」大幅改良車の公道試乗会に参加することができた。試乗の第一印象は、「ヤバいクルマになった」である。

試乗会の流れは、リトラクタブルハードトップの「RF RS」とソフトトップの「S」、それぞれの新旧乗り比べ、ロードスター主査の齋藤茂樹氏を筆頭とするエンジニアやマーケティング関係者との意見交換、さらにソフトトップ「Sレザーパッケージ・Vセレクション」の試乗という流れであった。

今回は、ダイナミクス(クルマの動き)性能に絞って話をしていく。まず、「RF RS」から話を進めるが、新旧2台の差は極めて大きかった。

この記事の画像を見る(12枚)

レーシングカーに例えるなら「タイムが出るマシン」

RFのエンジンは、ソフトトップの1.5リッターに対して2.0リッターとなり、RSグレード同士で比べると車重は1110kgと70kg重い。

旧型モデルでは、RSは17インチホイールを履くこともあり、乗り味はズッシリした印象。ハンドリングは、ハンドルの中立の状態でややフィーリングが軽くなるオンセンターフィールがあり、コーナーリング中はハンドルを両手でしっかりホールドして走る必要があった。

新型のRF RSに乗ってみると、そうしたハンドリングの雰囲気が、完全に解消されていて驚いた。

新色「エアログレーメタリック」をまとったロードスターRF RS(筆者撮影)
新色「エアログレーメタリック」をまとったロードスターRF RS(筆者撮影)

切った分だけしっかり曲がり、コーナーの中でもクルマの重さを感じず、コーナー後半からはグイグイと加速したくなる。また、エンジン音の雑味も消えていた。

クルマの動きの自由度が増し、思い通りに走れるようになったため、道が広くなったように感じるほど。エンジン、サスペンション、そしてタイヤが持つ本来のパフォーマンスを発揮している印象だ。「人馬一体」感が一気に上がり、結果的に疲れにくいクルマになったといえる。

レーシングカーに例えるならば、セッティングがドンピシャで「タイムが出るマシン」であり、「決勝での追越しがしやすく、安定したラップタイムが刻めるマシン」だと言えるだろう。素直な表現として「ヤバいクルマ」なのである。

次ページマツダスピリットレーシングへの期待が高まる
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT