山崎元、余命宣告されて伝えたかった「幸福」の正体 「豊かさ・お金」と「自由」があればいいのか?

拡大
縮小
今年1月に亡くなった経済評論家の山崎元さんがわが子に伝えたかったこととは?(撮影:今井康一)
経済や金融に関する数多くの書籍を執筆し、ビジネスパーソンからの絶大な支持を受けていた経済評論家の山崎元さんが今年1月に65歳の若さで亡くなった。その山崎さんは医師からの「余命宣告」を機に、大学に合格した息子に宛てて1通の手紙を書いていたという。山崎さんがわが子に伝えたかった「幸福」とはいったいどんなものだったのだろうか。
闘病中に山崎さんが書き下ろした『経済評論家の父から息子への手紙』から、一部を抜粋・編集してお届けします。

人の幸福感は「自己承認感」でできている

たいていの人間は幸せでありたいと願う。では、幸せを感じる「要素」、あるいは「尺度」は何か。多くの先人がこの問題を考えている。

父(山崎元)はこの問題に暫定的な結論を得た。人の幸福感は殆ど100%が「自分が承認されているという感覚」(「自己承認感」としておこう)でできている。そのように思う。

現実には、たとえば衣食住のコスト・ゼロという訳にはいかないから「豊かさ・お金」が少々必要かもしれないが、要素としては些末だ。また、「健康」は別格かもしれないが、除外する。

お金と自由とは緩やかに交換可能だが、それで幸福か?

「自由度+豊かさ」、「富+名声」、「自由度+豊かさ+人間関係」、「自己決定範囲の大きさ+良い人間関係+社会貢献」、「自由度+豊かさ+モテ具合」、などなどいろいろな組み合わせを考えてみたが、まとめてみた時にいずれも切れ味を欠いた。

少し眺めてみよう。

次ページお金があることで拡大する自由の範囲
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT