国産旅客機・MRJ(三菱リージョナルジェット)を覆う暗雲、受注直後に不正が発覚


 この目標に対し、MRJの受注は現在たった130機。全日本空輸25機、米国の地域航空会社、トランス・ステーツ・ホールディングス100機、今回のANI5機だ。

そんな中、ANIが検討する100席クラスの追加発注20機は朗報と思いきや、そこには複雑な事情が絡む。

現状、MRJの機種は、90席と70席の2種類だけ。江川社長は「90席をまず造り、その後に胴体の短い70席を出す。技術的には、胴体を縮めるのは容易だが、伸ばすのは難しい。100席クラスの生産は最後に判断する」と話す。座席数を増やすと重量も増え、タイヤや翼などの改造が必要になるため、後から開発するのは難しいのだ。

MRJの販売目標は1000機だが、採算ラインは350~400機とされる。だが、100席クラスにも手を広げれば、開発費は膨らみ採算ラインも上がる。不正発覚もあり、14年春の全日空への初号機納入が迫る中、採算ライン達成までの道程は一気に険しさを増してきた。

三菱重工業の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(柿沼茂喜 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2011年7月2日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。