正念場のゴルフ場経営、拡大戦略貫くアコーディア、PGMはコスト削減を優先

正念場のゴルフ場経営、拡大戦略貫くアコーディア、PGMはコスト削減を優先

東日本大震災が襲った3月11日、アコーディア・ゴルフではちょうど今期の予算会議の真っ最中だった。審議中の予算数値をいったん壊し、「緊急予算」として急きょ組み直したという。第1四半期に入っていたPGMホールディングスは、今12月期業績予想の下方修正を余儀なくされた。ゴルフ場運営会社にとって大震災の影響は、一時的とはいえ決して小さくはない。

6月に入り、一部のゴルフ場を残して平時の運営に戻りつつあるが、自粛によるゴルフコンペの激減と、ビジター(非会員のゴルフ場来場者)の減少は痛い。これらの要因がさらなる「客単価」下落(下図)に及ぼす影響が懸念されるためだ。

年平均客単価にはプレーフィーのほか用品販売や飲食などが含まれ、ゴルフ場運営の収益を見るうえでのメルクマールだ。ゴルフ場数が横ばいとなる中でゴルフ人口の減少が進み、客単価は構造的な低下傾向を示しており、両社の収益を減速させている。前期には両社とも客単価が1万円割れに突っ込んだ。今期は震災要因も加わり、下方圧力がさらに強まりそうだ。

人気記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。