正念場のゴルフ場経営、拡大戦略貫くアコーディア、PGMはコスト削減を優先


 ここ10年、両社は破綻ゴルフ場を次々と買収し、事業再生させて収益のアップサイドを獲得してきた。しかし、高収益が見込める買収案件が消えた今、客単価のデフレスパイラルが両社を襲っている。ただ、これは、自らが招いた“カルマ”(業)ともいえる。低価格化路線はそもそも、ゴルフのカジュアル化戦略として両社が打ち出したものだからだ。ここをどう克服するのかが、両社にとって最大の経営課題といえる。

積極路線を今も打ち出すアコーディア。毎年5~8カ所のゴルフ場を買収する一方、低採算のゴルフ場を売却して収益力の改善に努めてきた。そんな同社が考える、次の“成長レバレッジ”は、自前のゴルフ練習場の開拓だ。5月末現在で20カ所(保有17、リース等契約3)に達したが、将来的には「保有ゴルフ場数の3分の1、50カ所を目指したい」(竹生道巨社長)と気を吐く。


◆アコーディア・ゴルフの業績予想、会社概要はこちら
[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


 練習場は同社にとって単にゴルフ場への送客拠点ではなく、ゴルフスクールや用品販売などの総合サービス体制の拠点という位置づけだ。たとえば、試打クラブを決めるのも練習場→ゴルフ場→練習場と進むため、量販店での手順(量販店→練習場→ゴルフ場→量販店)と比べて、購買決定経路が短くて済むという。

また、練習場は収益力も高い。同社保有の17カ所のEBITDAマージン(償却前営業利益率)は前期末で39・9%。スクール受講者も1年で9万人に倍増した。

日本全国には練習場が3602カ所(2010年)あるが、ピーク時から減少したことで、1施設当たりの来場者数が05年から6年連続で増えている。中小資本が大半で、新規参入が少ないことも利点だ。

今後はバブル期に開発された練習場がリニューアル時期を迎えるため、同社では住宅地やゴルフ場の近隣で、リースなどの受託練習場も増やす意向。そんな「攻め」のアコーディアに対し、PGMはいわば「守り」優先の経営を打ち出している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT