日産の中国戦略、カギ握る「若者向けセダン」

ディーラーとの関係を修復できるか

日産は、自社ブランドに加え、現地ブランド「ヴェヌーシア」と高級車ブランド「インフィニティ」を展開、中国の外資系メーカーでは唯一、小型商用車も販売する。中国全土に885拠点(2014年末時点)のディーラー網を抱えているが、販売現場の不満は頂点に達していた。

目先の収益を追うディーラーは、高価格で利幅の大きい車種の販売に傾注したため、量産車種である小型車の拡販が手薄になった。主力車種が発売から4年近く経過し、ライバルの新車攻勢も影響。こうした中、ディーラーの在庫負担を減らすため、日産が卸売りを抑制したのも、2014年度後半の減速要因となった。

販売2500万台、供給力は4000万台?

現在、在庫水準は「完全に健全化した」(関総裁)という。専門の担当者を現地に派遣し、ディーラー網の管理や、小売り実態の把握にも力を入れており、危機は何とか乗り越えたように見える。

ただ、足元の市場には、減速懸念もある。日産の4月の新車販売台数は前年をわずかに下回った。春節の影響で新車販売が落ち込みやすい1月、2月を除くと、反日デモの影響で減少した2012年9月以来、2年7カ月ぶりのことだ。

業界全体には供給過剰懸念という問題も横たわる。2015年度の自動車販売は前年比7%増の約2500万台の見通し。これに対し、外資系と現地メーカーで基準の違いがあるものの、全社の増設計画をすべて足し合わせると、中国国内の供給能力は年間4000万台を超す。とりわけ中国メーカーの稼働率は足元で5割弱ともいわれる。

次ページ今年のカギを握る「ラニア」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT