だからアメリカは、9月には利上げできない

FRBの想定通りにコトは運ばない

だからこそ、FRBは9月には利上げに踏み切ることができないでしょう。市場の予想に反して1-3月期のGDPが急減速したのですから、FRBは4-6月期のGDPを見ただけでは景気拡大の持続性に自信を持つことができないでしょうし、4-6月期が1-3月期と同様に芳しくない結果となれば、7-9月期と10-12月期のGDPも見たいと考えるのは当然のことでしょう。

イエレン議長の信念は「バブルを止めること」

ただし私は、たとえ経済の状況がFRBの想定を下回る結果が続いたとしても、今年の12月か来年の3月には利上げがあるだろうと考えています。これまでのイエレン議長の発言から察するに、彼女の脳裏には「景気も大事だけれども、バブルは止めなければならない」という強い信念を感じることができるからです。

イエレン議長にとっては、現在の米国株はバブルに片足を突っ込んでいるように見えるのでしょう。

だから、バブルの進行を止めるためにも、なるべく早く利上げを行いたいと思っているのでしょう。仮に7-9月期および10-12月期のGDPのいずれかが2%台の増加を達成できたとしたら、イエレン議長は景気の持続性に確信が持てない中で、苦しい決断を迫られるのではないでしょうか。

なお、日本のGDPの予想に関しては、ブログ『経済を読む』で述べていますので、興味がございましたらご覧いただければ幸いです。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。