だからアメリカは、9月には利上げできない

FRBの想定通りにコトは運ばない

市場参加者多くは、FRBの6月か9月の利上げを予想。だが 本当にできるのか(写真:UPI/アフロ)

米国の金融関係者の間では、利上げの時期をめぐって、FRB(米連邦準備制度理事会)の要人の発言が常に注目されています。要人の発言の言い回しが少し変わるだけでも、金融市場が動揺するとともに、利上げに関するさまざまな思惑が、日々活発に語られています。

なぜ6、9月の利上げの可能性は低いのか

米国の金融市場では、2014年の今頃には「利上げは2015年の3月頃になるだろう」と言われていました。しかし、その後はFOMCが開かれるたびに、「2015年の6月になるだろう」、「6月よりも9月の可能性が高いだろう」と、次々と利上げ時期に関する予想が、後へ後へとずれてきています。現時点では、9月の利上げ説がもっともらしく語られているようです。

しかし私は、「利上げは12月か2016年3月の可能性が高い」と考えています。なぜなら、経済の大きな流れから見れば、「FRBと金融市場の双方の経済見通しが外れるだろう」という前提に立っているからです。

イエレンFRB議長は5月22日にロードアイランド州で講演したときに、米国の今後の景気に楽観的な見通しを示し、「年内のある時点で、利上げの最初の段階に進むのが適切だ」と述べました。米国商務省が5月29日に発表した2015年1-3月期のGDP改定値は、年率換算で0.7%減となりましたが、イエレン議長をはじめFOMC参加者の多くは景気減速を「一時的」ととらえ、年内の利上げ開始を強調しています。

次ページFRBの経済見通しは楽観的すぎる
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT