だからアメリカは、9月には利上げできない

FRBの想定通りにコトは運ばない

市場参加者多くは、FRBの6月か9月の利上げを予想。だが 本当にできるのか(写真:UPI/アフロ)

米国の金融関係者の間では、利上げの時期をめぐって、FRB(米連邦準備制度理事会)の要人の発言が常に注目されています。要人の発言の言い回しが少し変わるだけでも、金融市場が動揺するとともに、利上げに関するさまざまな思惑が、日々活発に語られています。

なぜ6、9月の利上げの可能性は低いのか

米国の金融市場では、2014年の今頃には「利上げは2015年の3月頃になるだろう」と言われていました。しかし、その後はFOMCが開かれるたびに、「2015年の6月になるだろう」、「6月よりも9月の可能性が高いだろう」と、次々と利上げ時期に関する予想が、後へ後へとずれてきています。現時点では、9月の利上げ説がもっともらしく語られているようです。

しかし私は、「利上げは12月か2016年3月の可能性が高い」と考えています。なぜなら、経済の大きな流れから見れば、「FRBと金融市場の双方の経済見通しが外れるだろう」という前提に立っているからです。

イエレンFRB議長は5月22日にロードアイランド州で講演したときに、米国の今後の景気に楽観的な見通しを示し、「年内のある時点で、利上げの最初の段階に進むのが適切だ」と述べました。米国商務省が5月29日に発表した2015年1-3月期のGDP改定値は、年率換算で0.7%減となりましたが、イエレン議長をはじめFOMC参加者の多くは景気減速を「一時的」ととらえ、年内の利上げ開始を強調しています。

次ページFRBの経済見通しは楽観的すぎる
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。