アメリカの景気は、本当に夏から持ち直すか

楽観的なFRBは年内利上げを示唆

FRBは、米経済は回復の見込みがあるとして、年内に利上げに着手する意思がまだあることを示唆している(Stephen Crowley/The New York Times)

またかという感じだが、年初3カ月間に米国の経済成長は滞った。

だが4月29日、FRB(連邦準備制度理事会)は回復の見込みがあるとして、年内に利上げに着手するという意思がまだあることを示唆した。

ウォール街では下方修正する動きも

楽観的なFRBに対し、ウォール街では第2四半期の成長率予想を下方修正する動きもあった。成長鈍化の原因には寒波の影響もあったが、慎重な消費者心理やドル高といった要因もあり、低成長は長引くおそれがあるものと判断したからだ。

「米国経済は第1四半期につまずいた」とバンク・ブ・ザ・ウエスト(サンフランシスコ)の首席エコノミスト、スコット・アンダーソンは言う。「2014年第4四半期の控えめな成長から、2015年第1四半期にはほぼゼロ成長へと転じた」。

リセッション(景気後退)終了以降、毎度のように冬季には成長が減速してきた。政府による4月29日発表の速報値で第1四半期のGDP(国内総生産)伸び率はわずか0.2%増だった。1~2月には雇用が勢いよく拡大したのに、3月に雇用者数の増加は12万6000人にとどまっている。FRBは政策を決定するFOMC(連邦公開市場委員会)会合後に発表した声明の中で、労働市場情勢は過去1カ月間に改善しなかったと述べた。その4月の雇用増については、政府の速報値が5月8日に発表される。

次ページ物価上昇率も目標に届かず
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。