デキる脳をつくる!驚異の"オメガ3オイル"

記憶力、思考力をサポートする栄養素とは

(写真:ra2studio / PIXTA)

「揚げ物を食べすぎると太る」ということは知っていても「揚げ物を食べすぎるとバカになる」とは、信じがたいですよね。

もちろん「食べてはダメ」ということではなく、「食べすぎるといけない」だけのお話ですが、ビジネスパーソンが必要とする思考力や判断力、行動力を司る脳は、なんと65%が脂肪酸でできており、日頃の食事での油分の摂り方が、頭脳の働きに影響を与えることがわかってきました。

脳だって毎日食べるものからできている

魚介類や亜麻仁(あまに)油、エゴマ油など「オメガ3系」といわれる油分からは、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)が摂取でき、頭がよくなる……という説を聞いたことがある人は多いはず。ほかの体の部位と同じく、脳も毎日食べるものからできていますが、脳の場合は65%、約3分の2が脂肪酸でできているのです。

これは正しくは「脂肪酸結合タンパク質」と呼ばれるものですが、その脳を構成する細胞の脂質膜にはDHAやEPAといった「多価不飽和脂肪酸」が多く含まれています。

脳細胞の中にも存在する成分とはいえ、もとの材料は日頃の食事からの摂取が重要。最近、頭のキレが悪い、記憶力に自信がないという方は、これらが不足しているからかもしれません。

近年のマウス実験では、オメガ3系オイル(DHA・EPA)が不足すると、ムダな動きが多く、集中力がなく、学習能力が低くなる、という結果が出ています。逆に、心的外傷のある人にオメガ3系オイル(サンマ1匹分相当を12週間連続)を摂取させると、快方に向かったという実験結果も報告されています。

脳細胞にいい油がわかったところで、脳細胞に悪影響を与えかねない油も知っておきたいところ。「摂っても全然いいことナシ!」とまで言うわけではありませんが、「オメガ6系オイル」と呼ばれる、サラダ油、大豆油、コーン油の類には注意が必要です。

次ページ摂りすぎると、いたるところで炎症が…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT