「外食チェーン」値上げで客が離れる過酷な現実 価格据置を続けるサイゼリヤは客数が増加

拡大
縮小
リンガーハット(写真:編集部撮影)

上場している主要な外食チェーン企業の業績がだんだんと回復しつつある。8月の売り上げが前年比で増収になった企業も目立つ。原材料高による値上げが相次いだこともあり、客単価が上昇したことによるらしい。

ただ、客数も前年比では増加しているものの、値上げの影響もあってコロナ前(2019年)との比較では、元には戻っていない企業も少なくないようだ。

フードコートでおなじみの長崎ちゃんぽん店を主力業態とするリンガーハットの客数が「コロナ前に戻らない」という報道もあった。その背景には何があるのか深掘りしてみよう。

フードコート内の店舗が半数以上を占める

リンガーハットの2024年2月期の第1四半期決算は、売上高98億円(前期比+11.9%)、営業利益は1.8億円(前期は▲2.6億円と赤字)と増収増益基調だが、相次いで値上げしたことがフードコートの客数伸び悩みにつながり、2019年比ではマイナスが続いている。

次の図はリンガーハットの既存店客数、客単価の月次実績の推移だ。値上げにより客単価は上昇しているものの、客数が2019年比8割前後で伸び悩んでいるため、売り上げは停滞している。値上げとフードコートがどう関係しているのだろう。

リンガーハットの首都圏店舗(2023年9月時点、234店舗)を抽出して、その立地を調べてみた。商業施設内のフードコートが6割を占めているのだが、いわゆる大型ショッピングモール内は2割弱ほど。4割以上は、総合スーパー、ディスカウントストア、ホームセンターなどの生活密着型の商業施設にあるフードコートという名の「軽食スペース」である。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT