「プロ野球グッズ」安い球団、高い球団の意外な差 「阪神はグッズ価格が安い」はどれほどか?

✎ 1〜 ✎ 93 ✎ 94 ✎ 95 ✎ 最新
拡大
縮小
意外と知らない、プロ野球グッズについて徹底比較します(写真:東京スポーツ/アフロ)

今年のプロ野球シーズンは劇的だった。「六甲おろし」の大合唱を背に、阪神タイガースが18年ぶりのセ・リーグ優勝。その翌週にはオリックス・バファローズがパ・リーグ三連覇を果たし、2023年のプロ野球はセ・パ共に“関西勢”が頂点を極めた。

優勝セールにファンが詰めかける光景をニュースで見るしかない関東在住ファンにはうらやましい限りだが、どんなものがいくらで買えるのか、両チームの優勝グッズに注目してみたい。というのも、同じ関西チームでも「阪神はグッズの価格が安い」という印象があったからだ。

アイテムが半端なく多い阪神

そもそも阪神のオフィシャルグッズのアイテム数はハンパなく多い。王道のレプリカユニフォームやタオルのほか、カー用品、ペット用品、浴衣にアウトドアグッズ、はたまた酒やらそうめんやら、なんにでもタイガースのロゴや虎印がついている。さすが球界一の商売上手だ。今回の優勝グッズは「チームショップアルプス」や阪神百貨店内「阪神タイガースショップ」以外に、公式オンラインショップでも購入できる。

オリックスも、球団直営ショップ「Bs SHOP」「B-WAVE」のほか、公式オンラインショップで注文を受け付けている。通常アイテムを見ると阪神ほどの種類はないが、優勝グッズの種類は負けていない。さらに「三連覇」という隠し玉もある。いい勝負になりそうだ。

まず阪神のグッズで目につくのは「優勝記念ビールかけTシャツ」、選手らがビールかけの際に着用していたデザインだ。価格はデザインに応じて3500~6000円。対するオリックスは、これも選手着用デザインで4000円。ただし、こちらには「三連覇」デザインTシャツもあり3800円。いい勝負だが、若干ながら阪神が安い。※大人用サイズのみで比較

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT