行ってビックリ!格安ホテルの「意外な地雷」

どう見ても元ラブホテルだという衝撃も…

ビジネスホテル選びのこだわりは人それぞれ。しかし価格の安さだけで選ぶと後悔する場合も(写真:ymgerman/iStock)

出張の多いビジネスパーソンの中には、ビジネスホテルの定宿を決めているという人は多いかもしれない。マイルやポイントが貯まる、サービスの質がよくて気に入っている、などいろいろな理由があるだろう。

地雷がいっぱいのビジネスホテル選びの落とし穴

旅行予約サービス「楽天トラベル」が発表した「2018年 人気のビジネスホテルチェーンランキング」によると、

1位 ベッセルホテルズ
2位 リッチモンドホテルズ
3位 ドーミーイン
4位 ダイワロイネットホテルズ
5位 ビスタホテルグループ

だったそうだ(ビジネスチェーンホテルを対象にクチコミの総合評価の平均点数が高い順にランキングした結果)。楽天トラベルが予約代行しているホテルに限られるという条件付きだが、筆者も上位3チェーンはたびたびお世話になっている。

この連載の記事一覧はこちら

しかし、繁忙期や急な出張では、空室があるホテルの中から選ばざるをえないことも多い。1番のポイントになるのは、宿泊料金ではないだろうか。

独立系ホテルのポイントカード運営会社Aカードホテルシステムが調査した『出張ビジネスマンのホテル利用実態』によれば、1泊当たり宿泊料の平均は6900円程度という。インバウンド特需で高騰の時代もあったが、2014年からの宿泊料金の数字を見ると、だいたい7000円前後というところに落ち着いているようだ。

なお、ホテルの予約手段は、楽天トラベルやじゃらんなどの一般予約サイトから行っている率が最も高い。宿泊エリアを絞り込んだうえで、検索結果の中から予算に見合った宿を探すというおなじみの手順だ。しかし、ここですぐに予約を、と決めるのはまだ早いかしれない。

次ページ最安値は公式ホームページから?それとも…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT