行ってビックリ!格安ホテルの「意外な地雷」

どう見ても元ラブホテルだという衝撃も…

ちなみに要注意といえば、インバウンド客が押し寄せる大阪では、安さ重視でホテルを選ぶとその集団に巻き込まれることも。うっかりチェックイン時間が重なると、なかなか手続きの番が回ってこないし、エスカレーターもいっぱいで乗れない。わざわざ観光に来ていただいて本当にありがたいのだが……。立地がよくて価格が安いと感じるホテルは、外国人にとっても手ごろなのだと心得よう。

おしゃれすぎるインテリアで室内迷子

限られたスペースに効率よく設備をきっちり納めているビジネスホテルは、狭い住環境が当たり前の日本らしい産物とも言える。設備のレイアウトにもかなり“特徴”が出る。

たとえば、室内に入ってすぐのドア横スペース。ここはクローゼットになっていることが多いのだが、あるホテルでは丸ごと鏡台(ドレッサー)コーナーになっていた。明るい蛍光灯もつくし、コンセントもあってドライヤーも使える。女性客はもちろん、身だしなみに時間をかけたい男性にもうれしい設備かもしれない。

かと思えば、先日宿泊した部屋では、がっかりな体験をした。室内は明るいベージュ系インテリアで統一され、シンプルでスタイリッシュな印象。

ところが、冷蔵庫が見当たらない。普通はデスクの下に配置されているものだが、ただ椅子があるだけ。まさか、「冷蔵庫がないホテル?」と探したところ、なんとドア横のスペースで発見できた。

広くはないビジネスホテルの部屋とはいえ、ベッドに寝そべり、テレビを見ながらビールでも、という際にいちいち冷蔵庫をあけにドア横まで行くとなると、細かいようだが、筆者にはちょっと不便に感じてしまった。

さらに、その冷蔵庫の上に木製の棚があるのだが、湯沸かしポットがぽつんと置かれてあるだけで、コップ類が見当たらない。戻って見てもデスクの上にもない。そんなことがあるだろうかとあれこれ探し、もしやと気づいた。一見、ただの棚板にしか見えない部分に触れてみると、そこが引き出しになっており、中にコーヒーカップやコップ類が隠れていたのだ。表面に取っ手もなく引き出しに見えない造りがおしゃれすぎて、まるで気づかなかった。

それなりに名のあるホテルチェーンで外国人客も泊まっていたのだが、彼らがこの引き出しに気づいてくれたかどうか。「日本のホテルにはグラスもカップも用意がなかった」と、愚痴られないといいのだが。

次ページ地元のスーパーなどをもっと活用しよう
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。