「開成から2浪東大不合格」進学校最下層の絶望 慶應に補欠合格、社会人になった彼の仕事は?

✎ 1〜 ✎ 38 ✎ 39 ✎ 40 ✎ 最新
拡大
縮小
浪人 開成 東大
開成から東大を目指したMJさん。その後の彼の人生は?(写真: polkadot / PIXTA)
浪人という選択を取る人が20年前と比べて1/2になっている現在。「浪人してでもこういう大学に行きたい」という人が減っている中で、浪人はどう人を変えるのでしょうか?また、浪人したことによってどんなことが起こるのでしょうか? 自身も9年の浪人生活を経て早稲田大学に合格した経験のある濱井正吾氏が、いろんな浪人経験者にインタビューをし、その道を選んでよかったことや頑張れた理由などを追求していきます。
今回は開成高等学校から2浪し、慶應義塾大学商学部に補欠合格。その後、2019年に慶應義塾大学の塾生代表(学生代表)になり、現在は海外ビジネスの仕事に関わっているMJさん(仮名)にお話を伺いました。
著者フォローをすると、連載の新しい記事が公開されたときにお知らせメールが届きます。

開成卒の岸田首相も、2浪で東大合格が叶わず

関東の超名門、開成中学校・高等学校。2023年まで42年連続で東大合格者数1位のこの学校は間違いなく、日本を代表する超進学校と言えるでしょう。

数多の著名人を輩出してきたこの学校の出身者で現在、ひときわ注目されている方と言えば、内閣総理大臣の岸田文雄さんが挙がります。もしかしたら皆さんも、岸田さんが日本一の東大輩出者数を誇るこの学校から2浪して、3年連続で東大に挑むも願い叶わず、早稲田大学に進学したという話は聞いたことがあるかもしれません。

この連載の一覧はこちら

実は今回インタビューしたMJさん(仮名)も、岸田さんのように2浪して、3年連続で東大に挑戦し、慶應に進んだ異色の経歴の持ち主でした。しかし彼は、持ち前のそのしなやかさで、浪人経験を前向きに受け止め、慶應の塾生代表になります。

浪人経験が彼に何をもたらしたのでしょうか。今回は、そんな彼の人生に迫ります。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT