「障害者雇用率が高い会社」ランキングTOP100 100位以内で人数最多は1111人のファストリ

✎ 1〜 ✎ 126 ✎ 127 ✎ 128 ✎ 最新
拡大
縮小
ランキング100位以内で人数が最多だったユニクロ展開のファーストリテイリング(撮影:今 祥雄)

「障害者雇用支援月間」をご存じだろうか。毎年9月に国や地方自治体を中心に、さまざまな障害者の雇用促進イベントやセミナーが開催されている。

東洋経済でも毎年「障害者雇用支援月間」に合わせて、障害者雇用率ランキングを発表している。今回も『CSR企業総覧(雇用・人材活用編)』2023年版掲載企業1702社のうち、2021年度に障害者を3人以上雇用している企業1195社を対象にランキングを行った。

なお、『CSR企業白書』2023年版には同ランキング上位800社まで掲載している。また、電子書籍『東洋経済CSRデータeBook2023 障害者雇用取り組み編』には、障害者雇用率だけでなく、特例子会社の有無、各社の障害者雇用への取り組み情報など1642社のデータを掲載している(企業により情報量に差はある)。ランキングと詳細情報を併せてご活用いただきたい。

ランキング1位の雇用率は15.55%

ランキング1位はゼネラルパートナーズ。雇用率は15.55%(雇用人数は41人、以下同様)で6年連続1位となった。同社は障害者向けの人材紹介や求人情報サービスを提供するほか、農業生産事業も行う。農業生産事業では、うつ病・統合失調症のある人を中心に、菌床シイタケの生産・販売をする就労継続支援A型の「アスタネ」を運営。「誰もが自分らしくワクワクする人生」というビジョンを掲げ、社会課題解決型の事業・サービスを展開する。

最新の『CSR企業総覧(雇用・人材活用編)』は現在発売中。書影をクリックすると東洋経済のストアサイトにジャンプします

2位は食品トレーや弁当・総菜容器最大手のエフピコ。雇用率は12.6%(365人)で上場企業ではトップだ。特例子会社エフピコダックスを中心に、使用済み容器の選別工場および折箱容器の生産工場など、全国16カ所の事業所で障害者に雇用機会を提供する。

ユニバーサルスポーツであるフロアホッケーの活動を2010年より行っており、障害の有無を超えた交流を目的にグループ全体で定期的に活動。日本フロアホッケー連盟と連携した競技大会の運営および大会スポンサーとしての活動も行う。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT